敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

足のすね、白いウロコちゃんの正体は? シロスネーゼ解消法

足のすねが白く粉がふいたようにパサパサ、トゲトゲとなっていたり、白いウロコ模様のようになる乾燥。

勝手にシロスネーゼって名付けていて、私は小さいころからシロスネーゼでした。

ウロコのような模様がイヤで嫌で仕方なく、保湿剤をつけるも気づくと紋様のように浮かんでくるんです。

この白くウロコのようなスネは、 【冷え】【発熱タイプのタイツ】【偏食】【肌の水分不足】との関連が高いそうです。

【冷え】が進むと血行が悪くなり、皮膚の表面にまで栄養を届けることが難しくなってしまいます。

さらにファンヒーターなど熱を奪いやすいものの近くにいると水分も蒸散してカサカサになってしまいます。

そのため、肌は潤いが失われやすくなり、何かをつけていないといられない状況になってしまうのです。

さらに、 皮膚もめくれて 水分が抜けやすくなっているところに、寒いからと【発熱タイプのタイツ】や厚手のストッキングで履ってしまいます。

繊維がナイロンやポリウレタンといったものは、皮膚との引っかかりができて、皮膚をめくってしまうことにつながるのです。慢性化しやすくなるんですね。

以前は、ローションパックをしてシャレコクリームで対処するようにアドバイスしていましたが、今は【塗る肌着】のシャレコレスキュー・スキンジェルがありますので、こちらを肌着代わりにワンクッション置くうえで塗っておくと、保湿だけでなく、チクチク、ピリピリする すねの痒みにも対応できます。
★シロスネーゼ対策食材  牛肉・豚肉・うなぎ、しそ、 にんじん、ほうれん草、モロヘイヤ など


乾燥に良いという食材を積極的に摂取するといいですね。

シャレコレスキュー・スキンジェルのサンプル、一度も試されたことがない方はどうぞお申込みください。

早くよくなるといいですね。

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP