しわ

【30日で効果実感】30歳からのシワ対策

30日で実感できるシワ対策とは

30歳を過ぎると、肌のハリや弾力が失われ、シワができやすくなります。特に秋ごろから空気が乾燥してくるので保水ケアが重要になります。

今回は、シャレコの3アイテム「化粧水」「保湿クリーム」そして「美容液」を使って、30歳からのシワ対策をご紹介します。

この3アイテムは肌の保水力をアップしてインナードライを改善するために処方されているので乾燥してシワが心配なひとは是非お試しください。

シワ対策3アイテム

①シャレコローション<化粧水>

シワ対策にシャレコの化粧水

シャレコローションは、海からのギフトと言われている「褐藻エキス」を配合して肌にうるおいを与え、ハリと弾力をアップさせる化粧水です。

さらにキイチゴ、キウイ、シソ葉、モモ葉のエキスを加えることで肌の水分量をキープし、乾燥によるシワを予防します。

②シャレコクリーム<保湿クリーム>

シワ対策にシャレコの保湿クリーム

シャレコクリームは、シコン、ウコン、トウキ、イチョウなど漢方の考え方を取り入れた保湿クリームです。

アラントインが肌のバリア機能を高めて、乾燥から肌を守ります。

シャレコローションとの併用で効果的にインナードライを改善します。

③シャレコエッセンス<美容液>

シワ対策にアミノ酸配合の美容液

シャレコエッセンスは、8種類の浸透型アミノ酸を高配合して肌にハリと弾力を与える特濃美容液です。さらにヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、ローヤルゼリー、オタネニンジンエキスを配合して、肌の奥までうるおいを与えて、シワを改善します。
30歳以上で肌の乾燥、小じわが気になっている方に特におすすめの美容液です。

 

シワ対策3アイテムの使い方

①化粧水のつけ方

洗顔後、手のひらに適量のシャレコローションを出します。
顔全体に、やさしく手のひらで顔をおさえるようにして塗り広げます。(乾燥度合いで3-5回繰り返します)

※潤い続ける化粧水のつけ方はこちら

②保湿クリームのつけ方

シャレコローションをつけた後、手のひらに適量のシャレコクリームを出します。
顔全体に、やさしく抑えるようにに塗り広げます。
目元や口元など、乾燥が気になる部分は、重ねづけします。

※保湿クリームテクニック

③美容液のつけ方

手のひらに1プッシュのシャレコエッセンスを出します。
指先につけて気になる箇所にやさしく置くようにつけます。

■結果が出せるシワ対策

・シワ対策は、毎日の積み重ねが大切です。
・朝晩の2回、しっかりとケアしましょう。

そしてシワ対策30日後

・肌のハリと弾力がアップする
・乾燥によるシワを予防する
・シワを改善する

30歳からのシワ対策は、早めが肝心です。シャレコ式シワ対策で、シワのない若々しい肌を目指しましょう。

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP