スキンケアの基本

秋の乾燥肌には、ちょい足しスキンケア

秋のスキンケア
そろそろ乾燥が気になる頃。衣替えと同じでスキンケアの切り替えタイミングって難しいですよね。
でも実は基本を押さえていればとっても簡単!夏のスキンケアにちょい足しするだけの楽々ケアをご案内します♪

ちょい足しスキンケア

秋は乾燥シーズンに入ったとはいえ、いきなり冬のようなコッテリ保湿は抵抗がありませんか?
まだちょっと汗ばむ日もあるし、夏の日焼けで黒くなった肌がまだ戻っていない人もいるでしょう。
そんな時季は、重ね着と同じように基本のケアにひと手間プラスのケアがお勧めです。
今まで使っていたアイテムはそのままなので、ムダがないですよ。

乾燥、ヒリヒリをケア!

肌表面を覆う皮脂膜(水分と皮脂が混じったもの)によって外的刺激から守っているのですが、これが減ると乾燥やヒリヒリが出やすくなります。

そこで皮脂の代わりに保湿クリームをプラスします。
これが、油分が多かったり密着性が高いものだと、洗顔の際に落としにくくなり残ってくすみや毛穴トラブルを招いてしまうので注意が必要です。また、洗顔時間を長くするのは乾燥を進めてしまうので止めましょう。

プラスする保湿クリームは次のようなものがお勧めです。
・べたつかない
・フィルムを貼ったような被膜感がない

秋~冬の乾燥、ヒリヒリにこちらのアイテムがお勧めです!

SPクリーム
敏感で荒れやすい肌を優しく保護しながらシコンエキス、オタネニンジンエキス、ヨクイニンエキス、ビワ葉エキスが癒していきます♪

お出かけにはレスキュークリームが便利です!
部分ケア、お出かけ中の保湿に便利!リップクリーム、ハンドクリームにも使えます。

小じわをケア!

乾燥が小じわとして現れたときもSPクリームをつけましょう。
寝る前に目の下、目尻、眉間、ほうれい線につけます。
もちろん、昼間にお使いになっても大丈夫ですよ。

シャレコの保湿クリームは何が違うの?

シャレコのオリジナル保湿クリーム、シャレコクリーム、SPクリーム、レスキュークリームの特徴をご案内します。

【シャレコクリーム】

シャレコクリーム
基本の使用方法:毎日のお手入れに、化粧水の後薄く顔全体につけます。

特徴:肌の皮脂バランスを整え、自然な代謝を引き出すクリームです。※
(※軽い付け心地で肌の皮脂コントロール、代謝をじゃましない処方)

このクリームが生まれたわけ:保湿をし過ぎると肌は頼ってしまい、皮脂を適切に出せなくなってしまいます。
保湿剤をつけていないと乾燥するというお悩みの多くがこのパターンです。
また、保湿剤は皮脂の代用ですが、ただ補うだけではいつまでも現状維持が精一杯です。そこでシャレコのクリームは根本的な体質改善を目指す漢方の考えを取り入れました。

特徴的な配合成分:アラントイン、トウキ根エキス、ムラサキ根エキス、イチョウ葉エキス、ウコン根エキス

バリアクリーム

レスキューバリアクリーム
基本の使用方法:シャレコクリームでは乾燥に追いつかない時や、肌が荒れて敏感な時にスキンケアの最後につけます。
特徴:むけてしまった皮膚を保護し、外的刺激から守ります。敏感な肌の荒れを防ぎます。

このクリームが生まれたわけ:できるだけ自分の皮脂で潤いを保てることを推奨していますが、もともと皮脂が出にくい場合や今まで保湿剤を沢山使っていた場合、皮脂のみでは追いつけないことがあります。
そこで、キチンナノファイバーを配合して保湿力をアップしたクリームとして開発しました。
シャレコクリームが皮脂バランスや代謝を整えるのに対し、バリアクリームは外的刺激からの保護、荒れを鎮めることに重点を置いています。

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP