化粧水

【スキンケアの基本】シャレコ式 肌が潤い続ける化粧水のつけ方

シャレコ・スキンケアでは、化粧水を顔に手のひらで置くようにしてつけるようにご案内しています。

なぜ化粧水を手のひらでつけるのか?

化粧水は、肌に水分(みずみずしさ)を与える役割があります。

しかし、コットンで化粧水をつけると、コットンの繊維が肌に摩擦を与え、うるおいを与えるどころか繊維の刺激でシミや肌を痛めてしまう可能性があります。

また、パッティングは、赤みの原因にもなりますのでオススメしておりません。

手のひらで、化粧水をつけると、コットンの摩擦を避けることができ、肌にうるおいをしっかりと届けることができます。

実践!化粧水を手のひらでつける方法

①洗顔後の清潔な肌に、100円玉大の化粧水を手に取ります。

※指の間からこぼれ落ちない量です

化粧水を一回につける量は百円玉くらいです

②両手のひらをすり合わせ化粧水を手のひら全体に伸ばします。

③手のひらを顔にやさしく置くようにして化粧水をつけていきます。

化粧水は手のひらでやさしく置くようにして付けていきます

「置いて、離して」を少しずつ位置を変えていきます。

化粧水のついた手を顔に置くようにして付けていきます

 

④頬は手のひらで包み込むようにしてそっと優しくおさえます。

化粧水のついた手をじょじょに移動します

⑤①~④を繰り返します。

 

⑥手のひらを頬から離すときに「パシッ」と音がしたら完了です。

手のひらを頬から離すときに「パシッ」と音がしたら完了です

 

 

手のひらで化粧水をつけるときのポイント

・1回につける量は100円玉大

・つけるときは、そっと手を肌に乗せる感じで、肌が水分を吸い取る感じで、押し込まないようにしてください。

・肌のコンディションによってつける回数を変える

敏感肌・乾燥肌 6〜7回
普通肌・脂性肌 5〜6回
→手のひらを頬から離すときに音がするまで

・コットンの使用やパッティングはしない

これらのポイントを押さえることで、より効果的に化粧水を肌に届け、保水効果を実感できると思います。

 

保湿以上に大切な保水力に優れたシャレコの化粧水をお試しください。

インナードライ対策に実感する保水力

【無料】
お悩み
肌相談

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP