UVローション

敏感肌すぎて、日焼け止めを使うとかゆくなる、赤くなる、どうしよう?

敏感肌の日焼け止めは

敏感肌の人は、日焼け止めをつけただけで赤く腫れてしまったり、かゆくなって掻きむしるようになったというご相談がよくあります。

ネットで敏感肌の日焼け止めと調べても、普通の肌の人が使う日焼け止めしか載っていなくて、日焼け止め選びで苦労しているというお声もよく聞いてきました。

なぜ、敏感肌の人が日焼け止めを使うとかゆくなるのか?というと、紫外線吸収剤ベースのものを使っているケースが多くあります。

紫外線吸収剤というのは、紫外線を吸収して化学反応で熱などのエネルギーに変換し、皮膚への紫外線の影響を防いでくれる成分です。

・オクチルトリアゾン ・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン ・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル ・メトキシケイヒ酸オクチル ・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

というような成分名があるものは、熱エネルギー変換時に違和感を感じやすくそれが刺激となって痒くなったり、カブレたりします。

その点、紫外線散乱剤をベースとした日焼け止めは、肌に届く前に反射させてブロックさせるので、熱伝導がいらないので刺激になりにくいのです。

紫外線吸収剤不使用のことを「ノンケミカル処方」と言います。

敏感肌で荒れやすい肌質の人は、こういった理由からも紫外線散乱剤ベースの日焼け止めを使った方がいいのですね。

紫外線吸収剤不使用のことを「ノンケミカル処方」と言います。

敏感肌の人は「紫外線吸収剤不使用」「アルコール不使用」のものを選ぶことが大事になります。

シャレコでは、この「ノンケミカル処方」にこだわっています。

また、防腐効果を高めるために使われるアルコール(エタノール)などは、体温などで蒸発する際に、周りにある水分も一緒に抱えて蒸発してしまうため、ヒリつきや乾燥を感じやすくなったりします。

ということで、敏感肌の人は「紫外線吸収剤不使用」「アルコール不使用」のものを選ぶことが大事になります。

敏感肌の人は、顔のくすみやシミ、色素沈着になりやすいので、油分を使わないものの方が理想です。

シャレコでは、超敏感肌の方でも刺激なく逆に肌が落ち着く日焼け止めローションを用意しています。

超敏感肌の方でも刺激なく逆に肌が落ち着く日焼け止めローション

もともと代謝力が弱いため肌が敏感なので、そこに強い成分や密着性の高い日焼け止めをつけてしまうと、落とす時に負荷がかかってしまうこともあります。

水で落とせる日焼け止めを使うのが一番というのは、そういう意味合いからです。

敏感肌で日焼け止めにお困りの方にサンプルをご用意しています。

UVローションのサンプル応募

・おひとりさま一回、UVローションを使ったことがない方に限らせていただきます

    RECOMMEND

    関連するコラムです

    PAGE TOP