日焼け止め

5月の日差しは油断大敵!日焼け止めの使い分けポイントをご紹介♪

5月は7~8月の真夏に比べると日差しがそれほど強くないので、うっかり紫外線対策を忘れてしまいがちです。

しかし、初夏にあたる5月はすでに紫外線が強くなりはじめています!

「百害あって一利なし」と言われる紫外線。

紫外線は、肌荒れやシワ、シミ、くすみなどのトラブルの原因になってしまうからです!

知らず知らずにメラニン大量放出!とならないためにもUV対策&ケアをしっかりしてお肌を守りましょう!

今回は、日焼け止めの使い分けポイントをご紹介致します♪

1. 外出時間2時間未満のUVケア
近所へのお買い物や洗濯を干す時に日に当たる程度

SPF10、PA+程度で無油分の日焼け止め

外出時間2時間未満のUVケア
日焼け止めは、SPF値が高くなるにつれて、
肌への負担が大きくなると言われています。

SPF10(3時間程度)のUVカット剤なら、油分が抑えられるため敏感肌の方には特におすすめです!

2. 外出時間2~6時間のUVケア
アウトドアで日光に長時間あたる場合

SPF20、PA++程度の日焼け止め

2. 外出時間2~6時間のUVケア
汗をかいたらタオルでそっとおさえ、
もう一度上から塗れば予防効果は
持続できます。

3. ランナー、スポーツ選手のUVケア

SPF50、PA++++の日焼け止め

ランナー、スポーツ選手のUVケア
汗の量が大量になる環境下では、
SPF50、PA++++くらい密着がよく、
予防効果の高いものをつけると効果的です。

紫外線予防効果が高いものは、
落とし切れていないとシミの原因になるため要注意です!
念入りにクレンジングを行うことで予防できますよ。

4. ニキビが気になる人のUVケア

ニキビができやすい場合は、油性成分の多いUVカットを使っていると、治りが遅くなるだけでなく、ニキビ跡(色素沈着)になることもあるので、気をつけましょう!

また、ケミカル処方(紫外線吸収剤ベースのUV)の日焼け止めの場合、インナードライが加速することがあります。

ノンケミカル処方の日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めは生活スタイルに合わせて使うのがポイントです!

おうちにいる日、長時間外出する日、スポーツする日、肌のコンディションに合わせて、日焼け止めの使い分けをしてみてくださいね♪

日焼け止めは生活スタイルに合わせて使うのがポイントです!

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【メイクオフが楽しくなる】メイクしながら肌をキレイにするファンデーション

  2. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  3. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP