日焼け止め

肩、腕、手の日焼けシミを残さない!

今年の夏も暑い日が続いています。ちょっと買い物に外出するだけでも、強烈な日差しが降り注いでいますね。

ウッカリ日焼け止めをつけ忘れたら
「日焼け→赤くなる→色素沈着・シミ」と
なってしまいます。

顔はしっかりと日焼け対策しますが、忘れがちな腕や首、特に「手の甲」の日焼け後のアフターケアはしっかり行ってくださいね。

特にジリジリした日差しを浴びた日の夜には、シャレコローションを丁寧に重ねづけ(3~4回)して、十分に水分を与えてください。

しっかりと炎症を落ち着かせておけば

「赤くならない→シミができない」となりますよ。

以前、あるモデルさんがそんなに日差しが強くなかったけれど、長時間外で撮影していたら、大変な日焼けを起こしてしまい、カメラマンさんの紹介でシャレコのカウンセリングに来てくださりました。

その場で、シャレコローションをたくさんつけてもらいその後、沈静化して皮もむけず、シミにも残らなかったと大変喜んでご報告くださいました。

メンバー様からも海水浴でお子様が真っ赤に焼けてしまったけれど、よく冷やしてからシャレコローションをたっぷりつけたら、よくなった!など多数ご報告くださっています。

早めのケアがお肌を救います!

シミ対策にシャレコローション

日焼けのアフターケアは、日焼け具合によって対処方法が違ってきます。

軽い日焼け

ひどい日焼け

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP