敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

敏感肌、乾燥肌、アトピー肌の洗顔方法 ウッカリ洗顔に要注意!

敏感肌、乾燥肌、アトピー肌のスキンケアで一番大事なのが「洗顔」です。

肌が極度に乾燥している場合の洗顔には特に注意が必要です。

その場合は・・・

1.メイクは休む

2.やむを得ずメイクをしないといけなかったら、クレンジングはクリームタイプでオフする。

3.洗顔料は使わない

これが出来ていないと、いつまでも肌の乾燥に悩み続けることになってしまいます。

そして、この時期(6~8月)は気温が高くなっているのと汗もかきやすいため、いつもよりも洗顔時間が長くなったり、温度が高いのに気づかずに洗ったりの

ウッカリ洗顔に気をつけないといけません。

肌が乾燥しずらくなる唯一の時期のため、つい知らず知らずに水分を奪われ、秋の声が近づいたと同時に悪化となりかねません。

今一度、洗顔チェックしてみてください。

□メイクをオフする時
オイルタイプ(乾燥が増しやすくなります)、ふき取りタイプ(皮膚に摩擦が起こり、乾燥が進みます)、ミルクタイプ(乳化剤でかゆみが出やすくなります)は使わないようにします。

□メイク落としの時
お湯の温度は、28℃までの温度ですすぎます。

□洗顔料を確認
石鹸(乾燥肌が治りにくくなります)、弱酸性洗顔フォーム(ムズムズしやすくなります)を使わないようにします。

□洗顔料の泡の固さ
泡を逆さにしても手のひらから落ちない固い泡をつくります。泡立てているうちに、泡がしぼんでしまう洗顔料は皮膚摩擦しやすくなるので、使用を控えましょう。

□洗顔料を肌につける時
Tゾーン(オデコ、鼻、鼻の下、唇、顎)から泡を置いていき、乾燥している部分は、一番最後に泡をのせたらたった3秒ですすぎ始めます

肌に泡をのせている時間が長くなるほど、肌の乾燥は治まりにくくなります。汚れは、固い泡の洗顔料を使っていれば瞬時に浮かして落とせます。

□洗顔料をすすぐとき
顔に泡がついたまますすぎをすると、すすぎの回数が多くなり、それだけ水に肌が触れる時間が長くなります。乾燥肌は、それでなくても水分が逃げやすいので、すすぎの回数が多くならないために、一旦、顔についている泡を手で取り去ってから、すすぎを開始します。

24℃の温度の水で、8回以内ですすぎきりましょう。それ以上は肌に刺激になります。生え際に洗顔料が残っているとかゆくなるので、それはカウントに入れなくて大丈夫です。

□顔を拭くとき
化繊のタオルは使いません。かゆみにつながりやすくなります。木綿または和紙+木綿混合のタオルにそっと顔を当てて、そのまま肌の水分がタオルに吸い込まれるようにさせます。

擦ると気持ち良く感じますが、それは一瞬です。慢性のかゆみにつながるので、肌の水分はタオルに吸わせるように拭いてください。

 

いかがでしたか?

これからのシーズン、これだけ気をつけるだけでも、秋からの乾燥度合が変わるはずです。ぜひこの洗顔方法をマスターして、この夏を乗り切ってください。

敏感肌、乾燥肌、アトピー肌の方でも安心して使える微アルカリ性のシャレコウォッシングがオススメです。硬い泡も簡単につくれますよ。

シャレコウォッシングフォーム

 

スキンケアに関するご質問、ご心配なことがありましたらシャレコサポートまでご連絡ください。

お肌のご相談はこちらから

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP