敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

2024年版冬の乾燥肌対策 基本からひどい乾燥肌までこれでOK

乾燥肌の季節が到来。カサつき、ごわつき、くすみ、毛穴トラブルなど、肌の悩みも増えるこの時期。そこで、2024年度版シャレコスキンケアでおすすめの冬の乾燥肌対策をご紹介します。

【基本は化粧水とクリーム】

・スキンケアの基本はまず「保水」。
乾燥肌の原因は「水分の不足」です。
水分をたっぷり補給するために、まずはシャレコローション(化粧水)をたっぷりつけるのが基本です。

参考:潤い続ける化粧水のつけ方

・皮脂コントロール
次に大切なことは、皮脂のコントロールです。
シャレコクリームは、皮脂という肌本来の機能を邪魔しないよう、穏やかな保湿力のクリームです。

基本は化粧水とクリーム

参考:保湿クリームのつけ方、つける順番はこちらからどうぞ

【軽いカサつき、ツヤがない】

・シャレコクリームだけでは足りない場合
皮脂が足りず、粉っぽいような印象の場合は、TTQオイルをプラスしましょう。TTQオイルは、スーッと浸透し、ベタつかず自然なツヤを与えます。

TTQオイルは、オーガニックのマカデミアナッツスキンオイルです。皮脂に近い天然オイルといわれています。

軽いカサつき、ツヤがない

 

【化粧水が入っていかない・すぐ乾いてしまう】

乾燥が続いたり、肌が薄くなっていると、水分をキープする力が低下してしまいます。

そんな時は、エッセンス(美容液)をつけてみてください。
シャレコエッセンスは、アミノ酸や保湿因子を補い、肌の内側からしっかり水分をキャッチします。

化粧水が入っていかない・すぐ乾いてしまう

 

【肌の赤み、ヒリヒリする場合】

赤みやヒリヒリがある炎症状態には、バリアクリームを使いましょう。キチンナノファイバー配合のバリアクリームには消炎効果があり、しっとり保護することで、肌を守りながら回復を助けます。しっとりするのにベタつかない乾燥肌用クリームです。

肌の赤み、ヒリヒリする場合

 

【さらに強い乾燥を感じる場合】

乾燥が強い場合は、エッセンスとバリアクリームでローションを挟み込むような保湿がおすすめです。

スペシャルなケアですが、1~2週間ほど続けてケアしていくと、ひどい乾燥肌でも落ち着いてきます。

さらに強い乾燥を感じる場合

 

 

【かゆみのある乾燥肌】

乾燥肌でかゆみも感じられる場合には、シャレコレスキュースキンジェルをつけてください。
このレスキュースキンジェルにも配合されているキチンナノファイバーには、炎症を抑える作用とかゆみを抑える作用があります。チューブに入っているので(少し大きいですが)持ち歩きも可能です。

かゆみのある乾燥肌

 

【シャレコに肌の相談】

この時期はお肌の乾燥でお悩みの方が非常に多くなります。

色々試したけど改善されない方などは、是非シャレコのお悩み肌相談で解決してください。

30万人の相談実績。シャレコのお悩み肌相談はこちらから

 

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【メイクオフが楽しくなる】メイクしながら肌をキレイにするファンデーション

  2. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  3. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP