敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

知らなかった!!ドライアイの原因がアイメイクだった 目の周りの乾燥対策

スマートフォンの普及で若い人から年配の方までドライアイでお悩みという方がとても多いそうです。

スマホの見過ぎは当然ですが、なんとアイメイクがドライアイにつながっているようなのです。

どうしてドライアイにつながるのか?それはアイメイクの成分によっては、まつげの付け根にあるマイボーム腺という腺が詰まってしまうことが最も大きな原因と考えられています。

私たちの瞳は、涙で蒸発を防ぐために“瞳の保湿ベール”に守られています。

涙は3層構造になっているようで、最も外側には目の表面の水分が蒸発するのを防ぐ「油層」があり瞳を守っています。

マイボーム腺にアイメイク品の成分で蓋をしたり詰まってしまうと、本来出るべき油層の涙が出にくくなり瞳がカラカラになってしまうということなのだそうです。

【インラインメイク】で、粘膜にアイラインを引くとマイボーム腺が詰まりやすくなります。

他にも【アイシャドウ】や【マスカラ】を目の際までつけていると詰まりやすくなります。

【つけまつげ】や【エクステ】の粘着剤も大きな要因となっているそうです。

瞳の乾燥に気をつけるメイクをされる方が、目薬で対処するより結果が早くなるみたいですよ。ドライアイの方は、どうぞお気をつけてください。

今回は「目の周りの乾燥対策」についてのコラムです。

目の周りの乾燥は、目元のシワに直結するので、目の周りを潤わせておくことがとても重要になります。

目の周りの乾燥対策

 

1.刺激が少ないアイメイク落としを使用してオフする

(アイ)メイク落とし時に拭き取りタイプを使うと、シートの素材での摩擦によっても乾燥に繋がります。
目元のクレンジングはできるだけクリームタイプで落とされるといいですね。

2、目元をこすらない

目の周りの皮膚はとても薄いので、痒いからと目をゴシゴシするとすぐにダメージを受けてしまいます。
目元は痒くなったらこすらないように気をつけましょう

レスキューバリアクリームは、かゆみを落ち着かせ、しっかり外的刺激から肌を守ってくれますので活用してみてください。

3、しみないかぎりしっかり化粧水をつける

保水がしっかりされていると、保湿剤効果がアップして、乾燥しづらくなります。

参照:肌が潤い続ける化粧水のつけ方

4、アミノ酸補給する

目元の乾燥には、アミノ酸成分入りの美容液を与えると細胞がしっかりして皮が剥けたり、シワっぽくなるのを防げます。

アミノ酸補給には8種類の浸透型アミノ酸配合はシャレコエッセンス(美容液)がおススメです。

目の周りにシワが出来ないようにしっかりスキンケアで対策してください。

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP