日焼け止め

マスク焼け対策と帰宅後スキンケア

こんにちは、シャレコです。
東京では、例年より遅い梅雨明のあと突然夏が始まったとおもったらジリジリ肌を焦がすような強い日差しの天気が続いています。

こうなるとマスクから出ている目元や頬の日焼けが心配になりますね。

そこで今回は外出する際の「マスク焼け対策」との「帰宅後ケア」についてご案内します。

外出時の【マスク焼け対策 】

①外出が短時間の場合

→ マスクから出ている肌部分に、シャレコUVローションとブラーパウダーをしっかりつけます。
マスクから出ている部分に塗る

②外出が長時間の場合

→ 市販の日焼け止め(SPF20程度)もしくは、アクティブプラスファンデーションをつけます。ほとんど日焼けせずに済みます。

アクティブプラスファンデーション

【帰宅後スキンケア】

①ローションパック

洗顔後に、パックシートを使って顔全体にローションパックをします。

ローションパック

すでにマスク焼けがはっきりした場合には、焼けているところをに注力してティッシュなどでローションパックします。
シャレコローションには、抗炎症作用成分と美白成分が高配合されているので、肌を赤く、黒くしてしまうことを予防でき、透明感をアップしていきます。

②クリーム

日に焼けて発生するメラニンの排出を早くする「シャレコクリーム」をパックした後につけます。

クリーム
この1.2のケアをしていれば、部分日焼けのご心配はなくなります。

もう、すでに部分日焼けが始まってしまっているかも?という方は、シャレコエッセンスでパックをしてみてください。パックの仕方はコチラです

【やってはいけないケア】

日焼けした肌に乳液はかゆみや赤味につながることがありますのでやめましょう。

日焼けがひどい場合には、急性日焼けの対処法をご参考ください

軽い日焼け、中程度の日焼け対処法

重度の日焼け対処法

どうか皆さまの肌色が戻りますように。

何か気になることがありましたらいつでもご連絡ください。
お待ちしてます。

☆彡肌のくすみにお悩みの方へ☆彡

メラニンの排出スピードをアップさせるための細胞賦活作用成分入りシャレコクリームのサンプルをご用意しますので、お悩みの方はお申込みくださいね。

シャレコ北林

シャレコクリームを初めてご使用の方限定となっております。あらかじめご了承願います。

     

    RECOMMEND

    関連するコラムです

    PAGE TOP