化粧水

夏の肌は、化粧水とスキンジェルのクールダウンで乗り切る

肌は日焼けなどで炎症が始まると、

赤くなる

かゆくなる

カサカサになる

茶黒くなる

皮がむける

新しい皮膚が生まれる

という経過になります。

炎症を起させないことが一番ですが、気づかずに進行していることがあります。

特に夏は、強い紫外線によるダメージからの炎症が多く、日焼け止めをつけたからと言って安心はできないのです。

火照った肌に化粧水

そこで、夏は肌をクールダウンさせることで、こういった炎症を予防することが必要になります。

クールダウンの方法は

1,保冷剤で冷やす(敏感肌の人は凍らない冷蔵庫で冷やした柔らかい保冷剤を当てる)

2,シャレコローションで落ち着かせる

3,シャレコレスキュー・スキンジェルでひんやりさせる

上記、3点が一番効果的です。

先日、かなり日焼けして顔がポカポカして大変だった状況の時、水で2回顔をすすぎ水気を取り去ってから、レスキュースキンジェルをつけたら、アッという間に赤味が引いて、ポカポカも落ち着きました。

その後は、肌荒れもせずに落ち着きました。

ホルモン変調で顔が熱くなってしまう方からも、「顔がポカポカして仕方ない時はジェルをつけています!そうすると少し落ち着くので助かっています。」というお声をいただきました。

保冷剤とスキンジェルでクールダウン

このジェルがなぜひんやりするのかは、恐らくキチンナノファイバーの持つ独特な効果が出てのことだと思います。

キチンナノファイバーは、火傷したワンちゃんとかの皮膚再生にも活用されていて、火傷の傷がほとんどわからないくらい再生しています。

今後は人間の火傷治療にも使われると言われているものだからです。

さらに、このジェルは薬ではないので、副作用がないため、一日何回つけても安心なものでもあります。

この夏!肌のクールダウンで、ダメージ予防して安定肌をキープしましょう!

シャレコレスキュースキンジェルサンプル応募

※おひとりさま一回限り。初めての方限定です

    【無料】
    お悩み
    肌相談

    • 記事を書いたライター
    • ライターの新着記事
    北林 利江

    北林 利江

    シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

    ・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

    1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

    2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

    3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

    RECOMMEND

    関連するコラムです

    PAGE TOP