敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

カサカサ肌、ゴワゴワ肌、乾燥肌を改善する!結果が出る洗顔方法

お肌を乾燥させない、乾燥から守るためには毎日行う「洗顔」はとても重要になります。

シャレコでは、これからご案内する洗顔方法に変えて肌が見違えるほど乾燥がなくなり、いつもの肌に戻った方がたくさんいらっしゃいます💛
是非、きょうから試してみてください。

1.洗顔のお湯の温度を確認します。

最適な洗顔温度とは

ぬるま湯とは「ぬるいお湯だ」と思う温度では熱すぎます。

ほぼ水のような温度にします。特に乾燥肌の場合は、「水」がベストです。

お風呂場で洗顔する時、どうしても体にかける温度でついつい顔も洗ってしまうケースがありますが、そのまま続けていくと乾燥肌になっていき、老化スピードを早めてしまいますので、十分に注意してくださいね。

2.洗顔料は、数日休む

乾燥がひどい時は、洗顔料で脱脂されることが一番の要因になっています。

洗顔料が脱脂し過ぎないものにしないといけません。

ご自分の使っている洗顔料が脱脂しすぎるかどうかは調べるのは困難だと思うので、

洗顔料を休んでしまう方が、早くよくなります。

そこまでひどい乾燥でない場合は、洗顔料は使えますが、

洗顔料の泡は、道具(泡立てネット)を使用して泡立ててください。

一番キメが細かくフワフワで弾力のある泡ができるのは、シルク並の目の細かさのあるものです。

3.洗顔料は、固い泡をつくる

モコモコしてきた泡を片方の手に置き、もう片方の手でなでていくと、空気の粒が割れて細かい泡になるまで撫でます。

下の写真のように、空気の粒が大きい洗顔料は、泡がすぐにつぶれてしまい、手で擦って洗うようになるとシミやシワの原因になります。

空気の粒が大きい泡

泡立てた時に、生クリームのように濃密な固い泡になっておくことが大事です。

この写真のように、傾けても下に落ちないくらい固い泡です。

生クリームのような泡

そして、泡を分けた時に、角が立つくらいが理想の泡です。

4.泡を顔にのせる順番

順番

①泡を半分手に取り、オデコに置きます。

上から下へ数回、位置を変えながらなでおろすように泡で汚れをくるみ込みます。

②眉間から鼻先に向けて上から下へ一方方向で泡をつけてなでおろしてきます。

眉間→鼻の頭、眉間→小鼻の横(左右)、

③鼻の下、唇、アゴに泡を置いていきます。(ここまでで15秒)

④残った泡を両手に広げて頬、目元と泡を置きます。(ここは5秒)

顔に泡を置いて洗う時間は、Tゾーン15秒、Uゾーン5秒です。

この洗い方を間違えると、洗った後の目元のつっぱり感や頬の乾燥、口の周りのカサつきが起こり、さらにシミやくすみにつながりますので、気をつけましょう。

5.すすぎが重要です。

まずはすすぐ前に、顔から泡を取り去ってください。

それから、すすぎに入ります。

泡が顔についたまますすぎ始めるとすすぎの時間が長くなり、回数も多くなるので、要注意です。

そして、アゴから額にかけて、顔の中心から外側に向けてぬるま湯をかけて行きます。

頬から水をかけると、洗顔のお水とともに肌から生まれた水分も一緒に流れ出てしまいます。

洗い方・すすぎの仕方だけで顔の乾燥度合いは歴然と変わってきます。

乾燥肌にお悩みでしたら今日からすぐにこの方法をすぐに取り入れてくださいね。

6.顔を拭く

顔を拭くときは、ゴシゴシとこするのではなく、タオルを部分部分に置いて、水分をタオルに吸収させるようにしましょう。

仕上げに顔をパシッパシと叩くと、赤ら顔や皮膚が薄くなってしまいますので、ついクセでやってしまう人は、今日からやめてください。

7.洗顔後は、すぐに美容液、化粧水(首も忘れずに)、細胞賦活作用成分配合クリームをつけてお手入れしましょう。

特にひどい乾燥肌の場合は、美容液や化粧水など水性ベースのアイテムは浸透がよくなりすぎて反応を起こしがちです。

しみたり、痛みを感じる時は無理に美容液や化粧水をつけるのではなく、先にレスキューバリアクリームを薄くつけてから

美容液、化粧水、シャレコクリーム、そして乾燥しているところにバリアクリームと仕上げてみてください。

シャレコクリームは透明感維持にすごく重要なクリームですので、お顔がくすみやすい方はお手入れに加えてください。

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP