美肌・美白になれない人の隠された真実!

くすみ、日焼け、乾燥をなくすクレンジング術

★タイトル 美肌・美白になれない人の真実!

30年前は、洗うことが美肌につながる

20年前は、美白化粧品を使えば肌も白くなり美しくなる

10年前からは、ピーリングなど肌の代謝を早めることで、肌が赤ちゃんのようなぷるぷるな肌になる

と言われてきました。

ところがどうでしょう?

★以下はバナーにしてください。

洗いすぎで、老化が早まり、肌が弱くなる、敏感肌になる!

美白化粧品を使っても、全然白くならないし、シミなんて消えない!

赤ちゃんの肌どころか、ザラザラした肌、固い肌、かさぶたができる肌になった!

という結末ばかり。

一体どれを信じていいのかわからない!

シャレコでは、これらの悩みを解決した方々のデータを常に分析しており、いくつかの大きな発見がありました!

その中の一つが、クレンジング(メイク落とし)でした。

クレンジングの役割は2つあります。

★これは図にしてください。 →  「肌にとって余分な皮脂を取り除く」「肌に付着させた顔料(メイク品)を浮き上がらせる」

この役割を果たすことが大事です。

肌にトラブルを抱えている人は、93%以上の方が「インナードライ状態」になっています。

インナードライ状態から改善させていくには、クレンジングのタイプと負担の違いを知ったうえで、自分がどのクレンジングを使えば肌がよくなっていけるのかを見極める必要があります。

<クレンジングのタイプと負担の違い>

★画像は、明日送ります。

 

肌のトラブルがある場合には、やはり刺激が少ない「クリームタイプ」のクレンジングが一番理想です。

クリームタイプのクレンジングは、理にかなっているところがあります。それは、親油性で油分となじみ、その後に、親水性で洗い流せるからです。

両方の機能を十分に発揮するためにクリームタイプは理想のクレンジングであるのです。

クリームタイプがどうしても使えないという場合には、水性のリキッドクレンジングでしたら使えます。ただ、水性リキッドは落ちたようでも実は落ちていないという場合があるようで「お顔のくすみ」にお悩みのケースが多々報告されていますので、くすみがある場合には、やはりクリームタイプにするといいですね。

クレンジングで美肌を目指すという発想は、各美容方面の情報を見てもなかなかないと思います。

ただ、実際にキレイになっている人は、クレンジングの根強いファンになっているところをみると、結果は一目瞭然なのだと確信しています。

このようなお声も飛び出しています!

たった1週間でこんなに変わるものなのか?とびっくりしています

シャレコさんは私の肌の“かかりつけ医”です

肌の悩みがいつまでも消えていかない!という方は、まずは「クレンジング」の見直しからしてみてください。

★https://shop.shareco.co.jp/product/detail/50

 

ご不安な時には、サポートまでご相談ください。

詳しくお肌のご様子をお聞かせください。どのようにケアしたらいいかのアドバイスとクレンジングのサンプルもご準備させていただきます。

シャレコのクレンジング術でお肌ピカピカ

関連記事

シャレコ新着情報

  1. ファンデーションがマスクにつかないものが開発されてきて、たくさん見かけるようになりました。 す…
  2. 育つ角栓、広がる毛穴
    「春になったせいなのか、はたまたマスクのせいなのか鼻や頬の内側の毛穴が黒くなったり、広がってきた!」…
  3. マスクで蒸れ蒸れの肌を守るスペシャルケア
    気温上昇でマスクの中が蒸れ蒸れになると、汗などで痒くなったりします。 さらに肌がふやけたような…
  4. 「ハタケ」とは、肌が荒れてゴワゴワ、カサカサに盛り上がる状態のことです。 マスクかぶれの話しは…

twitter

カレンダー

お買い物はこちらから


15時までのご注文は当日発送!
(日・月曜、祝除く)

肌相談もLINE@で


スキンケア情報、お得情報、さらに肌相談が出来ます。

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク



シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP