敏感肌・乾燥肌・アトピー肌

カサカサのくすみ肌が美白化粧品を使っても良くならないワケは?

カサカサでどんより肌(くすみ肌)が美白成分の化粧品をあれこれ使っても使っても肌がよくならないワケ!

いつの間にか肌の一部分の色が違う!

赤くなっている、茶色くなっている透明だけど小さいブツブツが出てきている

いろいろ変化しやすい季節ですね。

乾燥を放置しておくと・・・

代謝が悪くなる?
シミが濃くなる?
顔がどんより黒くなる

大切なのは肌の代謝

いくら美白作用成分入りという化粧品を使っても代謝が正常でなければ、全然よくはなりません。

大切なのは「肌の代謝」なのですね。

細胞が元気に育っていく環境を整えると変化はみるみると出てきます。

シャレコを使ってからすぐに「ザラザラしてきた」「ゴワゴワしてきた」という方は、すでに顔がくすみ出して代謝が悪かった状態がようやく動きだしたということで、その後、ケアを続けていくと生まれ変わったかのように肌の質感が整いだし、透明感が生まれてきます。

もう一つ大切なのは皮脂

そして、もう一つ必要なのが「皮脂」です。

乾燥しやすい肌、乾燥させやすいお手入れをしている場合は、「皮脂」が正常に分泌されなくなっています。

皮脂が出なくなっているので皮脂の代わりになるものを保湿剤として皆さん補うのですが、それが人工的な油性成分のものだとゴワつきやザラザラが解消しずらいのです。

ということで、シャレコではカサカサしやすいどんより肌にお悩みの方には、皮脂に一番近い構造のマカデミアナッツオイル100%のTTQオイルEX+シャレコクリームでのワンツーケアをご案内しています。

このお悩みの方にお勧めの使い方は、クレンジング→ウォッシング→ローション→TTQオイル→クリーム

の順番でのケアです

このケアをしていただけでシワまで薄くなったという70代の方や周りから肌がめちゃキレイになったわねと褒められた!など、お手入れを続けている方には、きちんと成果として見えてくるのがことスキンケアオイルとクリームの組み合わせです。

どうぞこの方法で、透明感を取り戻しうるおいのあるお肌にしていってくださいね。

乾燥ケア&透明感アップ

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 化粧水と美容液でハリのあるしっとり肌へ魔法をかける。 もうカサカサ肌にさよなら!

  2. 【毛穴撲滅】毛穴レス肌と透明感を同時に実現する週に一回のスペシャルケア

  3. 【化粧ノリが悪い】化粧のノリが悪くなる原因とノリをよくする対策方法

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP