無香料ファンデーションが肌に良いワケ

ファンデーションって、私たちの毎日の生活にとっても必要な存在じゃないですよね。
特に紫外線の強いこの季節には、欠かせないアイテムでもあります。
でも、このファンデーションには種類がたくさんあって、いいものもいっぱいあるので選ぶのが難しいし、どれが自分に合うのかは使ってみないとわからない…。

そこで今回は、肌のトラブルを解決したいあなたに、スキンケアを中心に考えたファンデーションの選び方についてをお話します。

香料の入ったファンデーションは負担になる?

さて、ファンデーションは何を基準に選ぶかを聞いてみると、

◆つきが良いもの
◆シミ・そばかすが隠れるもの(シミとソバカスの種類・お手入れ法)
◆くずれにくいもの(汗や水に強いもの)
◆色が肌に合うもの
◆使い心地が良いもの=つけた感じが軽いもの
◆無香料のもの    

など、みなさんそれぞれに「こだわり」があるようです。

無香料が良いといわれるワケを知っていますか?

以前はクリームファンデーションにしても、パウダリーファンデーションにしても、つけるとふんわりとといい香り?(私には強烈な独特な香りでしたが…)のするものがとても多くありました。

特に外資系化粧品には、体臭を考慮して「香料」を必ずと言っていいほど入れられていますね。
そして、「香り」はリラクゼーション効果も引き出すので使われていると言われています。

さらにもう一つ「マスキング」と言って、化粧品の原料の不快臭を消すために用いられることもあるのです。

香料の種類について

ちょっと話がそれますが、香料には2種類あります。
「天然香料」と「合成香料」です。

この合成香料は天然香料に比べ安価で、大量生産が可能なため、広く使われています。
合成香料は天然香料の香りに近づけるために、化学物質をいくつかを配合して似せてつくられますが、これらの化学物質が時に肌を刺激したり、アレルギーの要因になることがあります。

そして、もし肌に合わない場合に香料が原因と疑われても、少しずつ複雑に配合されている中から、合わない物質を探し出すのはとても困難なため、「香料が合わないのでしょう!」で片付けられてしまうのです。

この数年間で、体臭の強くない日本人には、香料はトラブルのもとになる可能性が高いため、「必要ない」という考え方を持つメーカーが増え、最近では無香料のファンデーションや化粧品が多くなったので、安心して使えるようになりました。

香料でカブレた後にシミになってしまうことって多いですよ!
思い当たるシミがあるなら、シミ解消法をチェックしてみてね。

関連記事

シャレコ新着情報

  1. くすみ・シミを残さない!秋冬の乾燥に負けない! 透明感も潤いも手に入れるスキンケアをじっくりお…
  2. 夏休み明け、いつもいろいろな肌トラブル相談を頂くのですが、その中でも多いご相談とその対処方法をご案内…
  3. ご主人の肌トラブル解消がきっかけでシャレコを愛用くださっているメンバー様のお声かけで 大阪にて…

twitter

カレンダー

お買い物はこちらから


シャレコスキンケア製品の
お求めはこちらからどうぞ
16時までのご注文は
当日発送いたします!
(日・月曜、祝除く)

スキンケアの定説

  1. テレビや雑誌で特集されることも多い、美容液ファンデーション。 海外旅行のお土産でもらったとい…
  2. 「化粧水をつけたあとは、乳液やクリームでお肌にしっかりフタをしましょう!」という定説。 とても…

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク

シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP