スキンケアの基本

無香料ファンデーションが肌に良いワケ

ファンデーションって、私たちの毎日の生活にとっても必要な存在じゃないですよね。
特に紫外線の強いこの季節には、欠かせないアイテムでもあります。
でも、このファンデーションには種類がたくさんあって、いいものもいっぱいあるので選ぶのが難しいし、どれが自分に合うのかは使ってみないとわからない…。

そこで今回は、肌のトラブルを解決したいあなたに、スキンケアを中心に考えたファンデーションの選び方についてをお話します。

香料の入ったファンデーションは負担になる?

さて、ファンデーションは何を基準に選ぶかを聞いてみると、

◆つきが良いもの
◆シミ・そばかすが隠れるもの(シミとソバカスの種類・お手入れ法)
◆くずれにくいもの(汗や水に強いもの)
◆色が肌に合うもの
◆使い心地が良いもの=つけた感じが軽いもの
◆無香料のもの

など、みなさんそれぞれに「こだわり」があるようです。

無香料が良いといわれるワケを知っていますか?

以前はクリームファンデーションにしても、パウダリーファンデーションにしても、つけるとふんわりとといい香り?(私には強烈な独特な香りでしたが…)のするものがとても多くありました。

特に外資系化粧品には、体臭を考慮して「香料」を必ずと言っていいほど入れられていますね。
そして、「香り」はリラクゼーション効果も引き出すので使われていると言われています。

さらにもう一つ「マスキング」と言って、化粧品の原料の不快臭を消すために用いられることもあるのです。

香料の種類について

ちょっと話がそれますが、香料には2種類あります。
「天然香料」と「合成香料」です。

この合成香料は天然香料に比べ安価で、大量生産が可能なため、広く使われています。
合成香料は天然香料の香りに近づけるために、化学物質をいくつかを配合して似せてつくられますが、これらの化学物質が時に肌を刺激したり、アレルギーの要因になることがあります。

そして、もし肌に合わない場合に香料が原因と疑われても、少しずつ複雑に配合されている中から、合わない物質を探し出すのはとても困難なため、「香料が合わないのでしょう!」で片付けられてしまうのです。

この数年間で、体臭の強くない日本人には、香料はトラブルのもとになる可能性が高いため、「必要ない」という考え方を持つメーカーが増え、最近では無香料のファンデーションや化粧品が多くなったので、安心して使えるようになりました。

香料でカブレた後にシミになってしまうことって多いですよ!

水性ファンデーション

【無料】
お悩み
肌相談

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP