パラベンについてシャレコの考え

パラベンについて

基本的な考え方は、まずは「防腐剤について」を読んでみてくださいね。

2005年8月25日の朝日新聞に「メチルパラベン」についての記事が掲載されました。この件に関して、私の考え方をご説明したいと思います。

今回の内容は発表されるのが学会であるとありました。「学会」ではいろいろな方面から研究を進め発表をする場であり、そのまますべてが正しいという結論ではないと考えます。
記事の中で「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した」というその量がどれくらいか、また濃度もどれくらい濃いものなのか不明なのと人体・動物どちらの実験だかがわからないのが現状だからです。

今までも毒性テストなどでは、身体の小さいラットなどに大量の成分を与え毒性が高いと評価されてきた成分も多々ありますが、人体では行えないのでデータが不足しているものも数多くあります。
今回も記事の中に「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した」とありました。

もともと、皮膚にはバリア機能があり真皮までに到達するようなナノテクのようなもの以外は、異物と捉え浸透させない構造でもあります。(そのナノテクの方がいまや発がん性や神経を経由して脳に届くなどの報告すらありますね。)

それにもし、パラベンを塗布し紫外線を浴びた場合に「老化促進」「肌細胞が死ぬ」ということを考えた場合、紫外線予防が定着した昨今果たしてどれだけスキンケアレベルのまま日光に当たるケースがあるでしょうか?

これらを考えると、すぐにメチルパラベンを悪者にしてしまうのも心配です。

なぜなら、防腐剤として歴史が古く広範囲で使われてきたもの以外のもので防腐剤を使っていたり、防腐効果を持たせている化粧品が多くあるからです。
私はその方がはるかに臨床のデータ数も少なく、使われてきた年数、歴史が浅いという方が怖いと思います。
将来それらを使ってきた人がどんな肌トラブルに見舞われるか予想もできないからです。

例えば、シャレコのローションにはシソエキスやローズマリーエキスの分量を多く使っています。
が、しかしそれだけでは防腐効果が弱く、ちょっとした雑菌の混入などで(お客さまが使う際に、キャップに触ってしまったり・・・)菌の繁殖がひどくなって、それが原因の肌トラブルになることを避けるために、やむを得ず最小限のパラベンを規定値のギリギリまで落として入れてあります。

研究所では、「そのくらいの量だと意味がないくらいのレベルですから、防腐効果がどれくらい持つのか心配はありますが」という条件つき(その後の経時変化もチェックして、最少量でも安定しています)でお願いしてあります。使い方はみなさんいろいろで注意書きをいくらしても、そういった使い方誤りでトラブルを起こしては申し訳ないという気持ちもありました。

よく天然の防腐剤を用いる話がありますが、植物性のものになるとアルコール抽出による心配、沈殿物・浮遊物による使用感の悪さ、刺激によるアレルギーの発症の心配からパラベンを選択した次第です。
また、選択の理由に医薬品、ハミガキ粉、など日常雑貨として毎日の暮らしで体の中に取り込んでいる保存剤なのと、臨床経験が長いこともあります。

もちろん、パラベンに変わる素晴らしい防腐剤が年数経過も良好で、臨床データの安全性の高いものが出てきたらすぐに変えていきたいと思っています。

しかしながら今現在はベストと思っています。
私は肌に良い成分の選択をし、使う人気持ちよく使えて、納得した肌でいられること、そしてそれらを使って「キレイになりました!」というお声を頂いていることがその答えだと思っています。

パラベンとフェノキシエタノールの比較 パラベン フェノキシエタノール
原料 石油原料から作られた合成成分であり、
旧厚生省が定めた「102の表示指定成分」にも
入っており、肌へのアレルギー性が懸念
されている合成防腐剤です。 石油原料の合成成分ですが、
「102の表示指定成分」には入っていなかった
ために、「無添加化粧品」ではよく使われる
合成防腐剤です。
急性毒性 体重1kgあたり2.5g 体重1kgあたり1g
少量で毒性発揮
アレルギー 濃度が高くなると、アレルギー症状が
出る人がいる。 濃度が低いと、
アレルギー症状がほとんど出ません。
シャレコでは濃度低い 濃度に関係なく、すこしでも配合されていると、
アレルギー症状が出る人がいる。
防腐効果 効果高い 効果低い
配合濃度 化粧品の1%まで。実際はパラベンが
0.2%も入ってない化粧品がほとんどである。
パラベンは、0.25%以上になると、
刺激を感じる人が、たまにいる。
平均では、パラベンの濃度は、0.1%程度 フェノキシエタノールは、平均濃度
0.3%弱である。 パラベンの2倍以上の
濃度となる。

※自然派防腐剤の濃度は5%以上→刺激になりやすくなる

上記から自然派な防腐剤よりは、パラベンや、フェノキシエタノールのほうが、安全性が高い。
パラベン・フェノキシエタノールともに、年々、濃度を低くする工夫が進んでいる。一般的に、 マイナスイメージの強いパラベンですが、フェノキシエタノールより安全性が高いとわかります。

関連記事

シャレコ新着情報

  1. くすみ・シミを残さない!秋冬の乾燥に負けない! 透明感も潤いも手に入れるスキンケアをじっくりお…
  2. 夏休み明け、いつもいろいろな肌トラブル相談を頂くのですが、その中でも多いご相談とその対処方法をご案内…
  3. ご主人の肌トラブル解消がきっかけでシャレコを愛用くださっているメンバー様のお声かけで 大阪にて…

twitter

カレンダー

お買い物はこちらから


シャレコスキンケア製品の
お求めはこちらからどうぞ
16時までのご注文は
当日発送いたします!
(日・月曜、祝除く)

スキンケアの定説

  1. テレビや雑誌で特集されることも多い、美容液ファンデーション。 海外旅行のお土産でもらったとい…
  2. 「化粧水をつけたあとは、乳液やクリームでお肌にしっかりフタをしましょう!」という定説。 とても…

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク

シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP