キチンナノファイバー

花粉は肌を衰えさせる?!パウダーで対策する花粉症肌

花粉シーズンになり、目の周りが痒くて手で擦って肌がボロボロ!という方がとても増えています。

マスクで頬は隠されているので、目ばかりに集中していますね。

花粉が影響して、肌を擦ってしまってダメージを受けている時は下記のお手入れをして回復させましょう。

1.赤味がある場合

五行草クリームを目の周りにつけてから化粧水、バリアクリーム

洗顔後すぐ、五行草クリームを目の周りにつけてから化粧水、バリアクリームとつけます。

2.擦ってガサガサ、ゴワゴワになってしまった場合

化粧水➡シャレコクリーム➡バリアクリーム

洗顔後、シャレコ化粧水➡シャレコクリーム➡バリアクリームの順でつけます。

3.日中のケア

メイクをした後に、タップリと色なしのルースパウダーをつけます。2時間おきくらいにしっかりつけると、肌への刺激を受けずに済みます!

通常、パウダーは穴が開いている中ブタを付けた状態で使います。

しかし、花粉時期は、それですと肌をガードできる量のパウダーは乗せられません。

そこで注意深くパウダーの内蓋を取り外して、パフ全面にしっかりと粉をつけてからそっと顔に置くようにしてみてください。

注意深くパウダーの内蓋を取り外して

その後、顔に馴染みきれない粉はフェイスブラシでそっと落とします。

この時期は特にパフは洗い替えを用意されておくことをおすすめします。替えがあるといつも清潔に使用ができます。

花粉の痒みには、パウダー以外にもキチンナノファイバー配合のレスキューシリーズをぜひお役立てくださいね🤗

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP