美容液

急に出現!秋の小じわにならないために!

立秋から数えて15日目ごろは、二十四節気の「処暑(しょしょ)」です。

暑さが和らぎ、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃

という意味だそうです。

暑さが和らぎ、萩の花が咲き、穀物が実り始める頃

実際に気温も徐々に下がってきていて、過ごしやすくなってきましたね。

今年はインパクトのある強い日差しと暑さで大変!という日は数えるほどでした。

お客さまに肌の状態を伺うと、強い紫外線を受け続けた肌というよりは、気候変動が激しく乾燥してしまった方が多い印象です。

毎年9月のお手入れは、ダメージ回復のために化粧水中心のケアをご案内していますが、今年はさらにプラスして乾燥小じわ対策をすることをおすすめします。

秋の小じわ(目元・口元)のお手入れポイント

【ポイント1】

洗顔のお湯の温度を見直しましょう→24℃になっていますか?

24℃になっていますか?

【ポイント2】

肌の弾力の土台となるアミノ酸成分を補強する→美容液(シャレコエッセンス)を小じわになりやすい目元・口元にそっと置くように丁寧につけます。

【ポイント3】

通常、化粧水は、手のひらで顔全体をつけますが、目元近くに化粧水がいきわたっていないことがあります。

そこで指先で細かくつけることが大事になります。化粧水を目元につけるときは、目尻から目元に向かってトントンとつけてください。

化粧水を目元につけるときは、目尻から目元に向かってトントンとつけてください。

【ポイント4】

もし、すでに小じわが出てしまっている方は、美容液パックでしわが深くならないようにケアをしましょう。

方法は、美容液を小じわがでやすい目元や口元につけてからあらかじめカットしておいたラップを貼って5分。その後にレスキューバリアクリームをつけるとすごく肌が落ち着きますよ。

上記の4つのポイントで秋に急に出現する小じわ対策をしましょう。

秋に急に出現する小じわ対策

シャレコのアイテムは、敏感肌の方でも使えますのでぜひお試しくださいね。



※下のフォームに必要事項を入力してください。
※おひとりさま、一回限り、初めての方に限らせていただきます。

    肌相談は無料です。
    お気軽にどうぞ。

    • 記事を書いたライター
    • ライターの新着記事
    北林 利江

    北林 利江

    シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

    ・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

    1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

    2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

    3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

    RECOMMEND

    関連するコラムです

    PAGE TOP