アンチエイジング

保湿しすぎないで!「逆転の美肌術」で、年齢肌を根本からストップ!

年齢を重ねていくとシワやたるみ、シミ・くすみなどのエイジングサインが気になりだします。

「大変!!プラスのケアをしないと!」

と普通は考えますね。

しかし、30代、40代でプラスケアをしていくと、逆にエイジングサインよくならないケースが多いのです。

その理由が、

・過剰な高保湿

・落としきれていないメイク剤

などの影響が大きく占めます。

自分の肌の力があるうちに、過剰な保湿や、クレンジングで落とし切れないカバー力の高いファンデーションが蓄積してしまうと、深いシワになったり、濃いシミになることがあります。

乳液のような高保湿のアイテムは使わない

逆転の美肌術

そこで!「逆転の美肌術」でのアイテム選びは、アイテムに入っている成分をできるだけ優しく、そして軽くして肌に負担をかけない!ことにフォーカスします。

シャレコ・スキンケアは、肌荒れに悩む女性に向けて低刺激性の中でもかなり低刺激性で負担のかからない処方でつくられています。

その成果もあり、エイジングサインが同年代よりもでていない、若く見られることが多い、お客さまからの嬉しいご報告も多数あります。

・使っているアイテムが、肌にとってどれだけ負担がかかっているか?

・肌に必要なものが足りているかどうか?

 

一般的には判別しにくいのでチェックポイントをまとめました。

逆転の美肌術チェックポイント

 

1.オイルクレンジング、拭き取りクレンジングを長期で使っている
➡くすみ、しみ

2.弱酸性の洗顔料、洗顔石鹸を長く使いつづけている
➡シワ、くすみ

3.オールインワンタイプのジェルだけで、化粧水は使っていない
➡シワ、たるみ

4.つけるとすぐにしっとりする化粧水をつけてからトロリとして乳液を使っている
➡肌の硬化、くすみ

5.SPF50の日焼け止めにSPF50のファンデーションを重ねて塗っている
➡シミ、くすみ

 

これらは、すべてお肌への負担が大きいケアなので早めに見直しされるといいですね。

シャレコを使っているお客さまは、60代、70代でも肌力が衰えていな方が大勢いらっしゃいます。

それは、保湿よりも保水に気を付けてケアしてお肌に負担を掛けていないからなんです。

それから、あまり重要視されませんがメイク落としは、シミやくすみにとても影響します。

ファンデーション類は、クリームクレンジングや水性タイプのクレンジング剤で浮かせられないものは、肌に負担がかなりかかっています。

どうぞ、気をつけてくださいね。

シャレコクレンジングクリームは、肌の炎症を抑えながら、要らないメイク剤をオフする肌に優しいクレンジングです。

シャレコクレンジングの詳細はこちらからどうぞ毛穴の汚れやメイクを潤いを守りながらやさしく落とす潤いケアクレンジング

 

肌相談は無料です。
お気軽にどうぞ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北林 利江

北林 利江

シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー

・シャレコ株式会社代表・スキンケアカウンセラー ・1997年よりスキンケアカウンセラー。 ・2004年ウェブサイト「シャレコ美肌カレッジ」立ち上げ。 ・同年ウェブでの無料肌相談を開始。 ・同年シャレコスキンケア製品を発表。 ・スキンケアカウンセラーとしてアドバイス実績10万人を超える。 ・ミスユニバース ビューティーキャンプ講師。 ・スキンケアメルマガ「シャレコレター♪」は20年間週一回発行。 ・肌トラブル向け特に敏感肌、乾燥肌へのスキンケアアドバイスには好評を得ている。

  1. 【保湿より保水】乾燥肌を根本から解決する皮脂を活かしたスキンケア術

  2. 【ビタミンCセラムとは】寝ているだけでシミ取りできるなんて!ビタミンCセラムで目立たなくする

  3. 50歳からのスキンケア 50代でもキレイな肌の秘密とは

RECOMMEND

関連するコラムです

PAGE TOP