足裏のケアでシミが消える?」のお話です。

もともと足裏の反射区は、不思議なほど人体と連動しています。

私も股関節の調子が悪く、本当に苦労していた時期に足裏の勉強をはじめ、股関節の場所をただ揉みほぐしていただけなのに、あっという間に回復しました。

また、足の裏の色で今の体調がわかったり、病気になる前触れがつかめたりと、人体のナゾだな?と毎回この手法を見出した人は一体どんな人なんだろう?と感心しています。

実は、足の反射区を押して、しみが薄くなる人がいらっしゃると伺いました。

これは非常に興味があります。

スキンケアでいくら頑張っても取れないシミが、もし変化するのでしたら、ぜひやってみたい。

ということで、さっそくチャレンジしようと思っています。

私は目の下に大豆粒大のシミと、頬に細かいシミが多数あります。

薄くなりましたら、詳しい揉み方などをお伝えしたいと思っています♪

どうぞお楽しみにしていてください。

さて、スキンケアについても、もう一度復習してみましょう。シミのケアは、洗顔がとても大切です。肌の内側の乾燥はシミになりやすいので、ご注意ください。

念のために洗顔チェック表をつけます。

1.洗顔はできるだけお湯やぬるま湯ではなく、水のように感じるほど低温のぬるま湯(26℃くらい)になっていますか?
⇒なっていればOk

2.シャンプーの際のすすぎのお湯が顔にかかるすすぎ方(下を向いて顔にすすぎ湯が流れている)をしていませんか?
⇒この方法はNG

3.お風呂でもし洗顔されるのでしたら、一番最後、出る間際にするようになさっていますか?
⇒していればOk

4.洗顔フォームを顔につけている時間が20秒以上になっていませんか?
⇒長いとNG

5.手で直接肌をさすって洗っていませんか? ⇒擦りもNG

6.すすぎは8から10回を目安に長くならないように洗っていますか?
⇒10回以内にすすぎきってくださいね。
いかがでしょうか?気温や湿度が高くなると洗顔が気持ちよく感じますが、シミ予防も含めて洗顔方法にぜひ気をつけてください。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪
シャレコ