「活性酸素と肌トラブル」のお話です。

“活性酸素(フリーラジカル)”とは、からだを活性化する酸素のことではなく、その意味とはまったく反対のもので、酸素自体が活性化して、”からだを傷つけてしまう酸素になること”だということは、みなさんもご存知ですよね。

紫外線は、単に肌にシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚に深いシワを刻み込みます。

最悪の場合には皮膚ガンなどの要因と言われています。

この紫外線が皮膚に当たると、実はその当たった部分に”活性酸素”が発生して、細胞を酸化させてしまうのです。

細胞が酸化されるとどうなるか・・・、それは細胞が本来持っている機能が働かなくなることを意味しています。

こうなっては大変とばかりに、酸化の害がそれ以上広がらないように食い止めようと、”メラニン色素”が活躍するのです。

大切な細胞が紫外線によって発生した”活性酸素”によって次々に酸化されていくのを防ぐために、チロシンという物質が代わりに酸化され、その結果できてしまうのがメラニン色素=
シミというわけなのです。

また、紫外線による”活性酸素”の害はシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚の老化を促進させてしまいます。

するとシワが刻み込まれていくわけですね。

これは、皮膚の表皮や真皮を支える土台となっている”コラーゲン”というタンパク質や、弾力繊維である”エラスチン”が紫外線によって発生した”活性酸素”によって酸化されて起こるのです。

詳しく説明しますと、”コラーゲン”はひも状の繊維構造になっていて正常な状態だと整然と並んで肌のハリを保持しています。

これが酸化されると、このひも状の繊維が複雑にからみ合ったり、数が減ってしまい肌からハリを奪っていくのです。

また、”エラスチン”は肌に弾力や伸縮をもたらしていますが、やはり酸化されてしまうと、その機能が失われてしまい、皮膚をたるませ、弾力を奪ってシワを刻んでしまうのです。

★浅いシワ対策なら

この”活性酸素”は私たちのからだのいたるところで絶えず発生し続けています。

だからこそ”抗酸化力”をつけて”活性酸素”を撃退したいですね。

酵素は生の野菜から摂取できるのですが、どうしても不足しがちになるので、最近では手作り酵素などが流行っているそうですね。

私も以前、ナカヤマ酵素という手作り法を学んでつくっていたことがあります。

ただ、かなり手間がかかるので、手軽な酵素「海の精」などを摂取したりもしていました。

とにかく老化を先送りするには、酵素が重要なので、ぜひ足りていないなーと思いましたら、ご自分に合う酵素を見つけてみてくださいね。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪
シャレコ