「時間が経っても潤いをキープする!!」のお話です。

いよいよ肌にとっては
大変厳しい環境となってきました。

エアコン暖房は、石油ストーブと比べると何だか乾燥する
気がしませんか?

実際のところ、石油ストーブは室内の温度を温めるだけですが、
エアコンは温度の低い外気をそのまま温めて送るので、
湿度が下がってしまい、肌の乾燥を感じやすくなるそうです。

私もオフィスのエアコン暖房だけだと、時間が経つにつれて
顔がパサパサした感じになってしまいます。

先ほどの理論からすれば、湿度が関係しているので、近くに
加湿器を置けばさほど乾燥しない…となるわけですが、
オフィスなどではパソコンなど精密機器があるので、顔の近くに
まで蒸気が届くような位置に加湿器をなかなか置けないです。

となると、どのような対策を打つかとなりますが…、

時間が経つほどに肌のうるおいを失いやすい場合には、

———————————————————-

1.朝の洗顔時に洗顔料を使わない、素洗い洗顔をする
(毎日洗っていた人は、素洗いで洗顔をする目安としては
3.4日です。)

2.化粧水を詰め替え容器に移し替え、休憩時間等にメイクの
上から保水する

3.シャレコクリームのみ使用の場合には、潤いが逃げやすい
箇所にだけ、SPクリームまたはTTQオイルをメイクの
上から薄くつけます

4.その後はパウダーのみだった場合には、プレストパウダー
に切り替える→パウダーよりは潤いが逃げにくくなります。

★SPクリーム

★TTQオイルEX ※肌ツヤがない人には特にオススメです。

———————————————————-

他には、濡らしたおしぼりをデスクの上に置いておくなどされて
いる方もいるそうですが、

正直効果はわからないとのこと。

やはり、朝の洗顔で潤いを逃がさないことが、一番のポイントに
なるのではないかと思います。

日中の乾燥だけでなく、慢性的に乾燥している場合には、
細かいスキンケアチェックをするといいので、困っていることが
ありましたら、いつでもサポートまでご相談ください。

support@shareco.co.jp

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ