プニプニ肌になるには洗うより保水

ご相談でちょっと気がかりなお話がありました。

雑誌などでさかんに宣伝されている人気の石鹸を試しに買って使ってみたそうです。

最初は驚くほど、顔の角質が取れてお肌が生まれたての赤ちゃんのようなツルツル肌になり、周りの人にもみんなにキレイになったと褒められたのでずっと使い続けていたらしいのですが・・・。

でも、2~3ヶ月したら顔にだんだんと赤い斑点のようなものが出来始めて、皮膚科に行き薬を塗っているのだけれど、よくなったり悪くなったりの繰り返し、今ではどんな化粧品も使えないほどになってしまったとのこと。赤黒く別人の肌になっていまったと悲しんでいらっしゃいました。

そう、このようなケースに陥る原因は・・・

1.角質の取りすぎ

2.酸などピーリング作用が強すぎ

3.保水・保湿不足

などです。

よく落ちる、くすみがあっという間に取れる洗顔石けんには、このように肌にとって、取り過ぎてはいけない皮脂まで根こそぎ落としてしまうものがまれにあります。

先日、ご愛用者の方から「化粧水のパックでプニプニの赤ちゃんのお肌のようになった!!」というご報告いただきましたが、お肌をやわらかくし、元気にするのは洗うアイテムではなく、保水(化粧水)なんですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アイテムの取り違いは、大きな差を生んでしまうということを再度お伝えしておかないと・・・と思いメールしました。

もし、身近な方でこのようなお肌のトラブルでお悩みの人がいらっしゃいましたら、どうぞお知らせくださいね。

support@shareco.co.jp