「お水を飲まないと乾燥肌になる?」のお話です。

スキンケアをちゃんとしていても、お肌が乾燥してしまうという方たちに共通する点があります。

それは、「お水を飲まない」です。

私もつい最近知ったのですが、ドリンクと呼ばれるものたとえば、お茶やコーヒーなどをよく摂っているので、水分は十分に摂取できているものと思ったら、

「水」を飲むことが大切だと教わりました。

コーヒーやお茶に含まれるポリフェノールは、アンチエイジングには効果的ですが、それだけでは体の中はどんどん乾いていってしまうそうなのです。

水分補給のために、お茶・コーヒー・ジュース・アルコールをたくさん飲んでも、潤っていない!!とは・・・。

1.利尿作用があり、どんどん水分を排出してしまう。

2.コーヒーが亜鉛の吸収を阻害するので乾燥しやすくなる。

3.甘いジュースはむくみの原因になる。
(人間の舌は、冷たいものほど甘みを感じにくいので、使用している砂糖の量がものすごいことになっているようです。)

4.アルコールは皮膚表面の温度が上がるため、通常よりもお肌の水分が蒸発しやすくなる。

【水分補給のポイント】
冷たい水だと体を冷やしてしまいがちなので、白湯のほうが体に優しく水分補給が出来ます。

▼量は一日1リットル程度を目安に、回数を分けて少しずつ飲みます。(水分を取り過ぎてはいけない体質の方は、どうぞお気をつけてください。)

▼少しずつ口を湿らす程度から始めて、時間をかけて隅々まで浸み込んでいくように、水分を摂取していくようにしましょう。

特に、寝起きとお風呂上りは水分が失われているので、水分補給が大切ですね!

肌の乾燥を感じる日は身体にも優しい方法で水分を摂って、乾燥肌対策をなさってください♪

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

シャレコ