「まつ毛のケア」のお話です。

まつ毛は、約4カ月の周期で生え変わっており、健康な状態だと、1日に数本程度しか抜けないと言われています。

もし、沢山抜けてしまう、最近まつ毛が減ってきた!!ということがありましたら、

次のことが原因かもしれませんので、気をつけてみてください。

1.メイクを落とす際、まつげを強くこすりすぎる

→アイメイクを落とす時に、強い力や刺激を与えると、切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます。

また、目元の皮膚は薄く弱いため、擦ると皮膚が伸びてシワ・たるみの原因にもなってしまいます。アイメイクはお湯で簡単に落とせるようなものが良いでしょう。

2.ビューラーのゴム部分をずっと替えていない

→ビューラーを使う際に力を入れてしまうと、まつ毛が切れたり、細くなる原因になります。

また、ゴムの部分がすり減っていると、無理な力が加わりやすくなってしまいます。

そして、マスカラが付いたまま使うのも、まつ毛がマスカラにくっついて切れやすくなります。使ったビューラーは毎回拭いて、清潔に保ちましょう。

3.ホットビューラー、まつげパーマをしてまつげが傷む

→ヘアアイロンをお使いの方はイメージしやすいと思います。熱でまつ毛にカールをつけるホットビューラーは、まつ毛の水分を奪い、痛める原因になっています。

まつ毛の美容液を付けてコーティングをしてから行うなど、熱からまつ毛を守りながらのケアをしましょう。

4.つけまつ毛を取る時に引っ張っている

→つけまつ毛を取る時に、ノリが付いている状態で引っ張ってしまうと、とても繊細なまつ毛の地肌を傷めてしまいます。

取る時は、水かクレンジング剤をつけて、ノリを浮かせてからそっと剥がすようにしましょう。

5.まつ毛エクステをつけているときのうっかり!

→まつ毛にコットンやタオルの繊維が引っ掛かりやすくなっています。

ゴシゴシ擦ってしまうとエクステが崩れたり、まつ毛自体にも負担をかけてしまいますので、タオルはそっと当てるようにして水分を吸収させましょう。

まつ毛を乾かす時に、冷風でドライヤーを下から当ててしっかりと乾かすとエクステを長持ちさせられるようです。

ただ、お顔に直接風がかかるので、お肌は乾燥しやすい状況です。スキンケアをされてからドライヤーをするようにして乾燥からお肌を守りましょう。

シャレコクリームは目元の薄い皮膚の水分保持に大いに役立つベタつかないクリームです。

落としにくく擦れた皮膚のリカバーにどうぞお使いになってみてください。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

シャレコ