肌断食について

何かの雑誌で取り上げられたのか、また肌断食に関する問い合わせやご相談が相次いでいます。

「徹底的にスキンケアをしているのに、肌の調子が悪い。そんな人にぜひとも知って欲しいのが”肌の断食”」ということで紹介されて早4年。

食事を一時的に断つ断食のように、スキンケアを一時的に中断する美肌法ですが、著名な美容の専門家や皮膚科の医師らが、その効果に注目するようになっていると話題になりました。

【肌断食の効果といわれている内容】

化粧品の塗りすぎは、役目を終えてはがれ落ちる古い角質まで、肌の上にとどめてしまうため、肌断食をすることで、妨げられていた角質の入れ替わりが進み、古い角質が取れて、新たな角質が表に出て、肌表面が整います。

また、毎日のダブル洗顔などで肌本来の保湿成分が洗い流され、乾燥肌になりやすい肌に。洗顔回数を減らすと本来の保湿成分が保たれ、肌が潤って水分バランスができて、皮脂はむしろ減ってきます。

さらに過剰なスキンケアで、摩擦や化学物質による炎症が起きることもあり、それを中止することで、炎症が治まり肌は正常な状態を取戻していきます。

というのが肌断食の期待される効果として、一時期ブームになっていました。

これはシャレコのお手入れすべてが、自然と肌断食していることになるので、コンディションが整いトラブルもなくなりやすくなっています。そう、肌本来の力を引き出すスキンケア術なのです。

ですが、勘違いしがちなのが、肌断食=スキンケア一切を止めてしまうことだと、いきなり洗いっぱなしにしてしまったり、セリンだけうすく塗って終わりにしてしまうことです。
自分の肌のコンディションを確認しないまま、書いてある肌断食のアドバイスどおりに行ってしまい、急に肌が赤みを増してボロボロに・・・ということが起こります。

こうなってしまうと、たった3日の肌断食で回復までに1.2ヶ月かかってしまうことは、しょっちゅうあるんですね。

乾燥肌のトラブルで悩んでいらした方のケアをずっとしてきていた時のことです。
その方はそれまでハードだった洗顔をマイルドにして、ようやく化粧水がしみずに何回か繰り返しつけられるようになり、肌もふっくら柔らかくなったとお話くださったので、私も一緒に喜んでいました。

ところが、その方がたまたま手に取った雑誌に書いてあった肌断食の記事を読み「化粧品に頼りすぎてはダメなのかも・・・」と不安になり、さっそく肌断食をしてしまったところ、赤み、痒みが出てより一層ひどくなったということがありました。

このようなことはもう絶対に起こって欲しくない!!最近また増えてきているので念のためと今回のテーマにしました。

————————————————————-

★シャレコのスキンケア術をしていて、肌断食していい場合の目安ですが・・・

・もともとが脂性で「今も脂性」または「今は普通肌」くらいの人

・ニキビ、乾燥のトラブルがなくなった人

です。
それも行うのでしたら、期間は1日です。2日以上する場合は、いつでもご相談ください。コンディションを細かくチェックして、どのくらいだったらできそうかをご案内しますね。

★シャレコのスキンケア術をしていて、肌断食はしないほうがいい場合は・・・

・もともとが乾燥肌、敏感肌だった人

・ニキビ・乾燥のトラブルがある人

・シミや顔の黒ずみがまだある人

・白ニキビができやすい人

・脂浮きがしやすい人

・シワが悩みの人

・タルミが気になる人
です。
どうぞ参考にして、トラブルを起こすことないように気をつけてくださいね。

まだ、シャレコのスキンケア術いまいちよくわかっていない、実践できているか心配!!というときはいつでもメールくださいね。

support@shareco.co.jp