肌の老化は?

人間の体や肌は、生まれた瞬間から老化が始まるといわれています。

老化とは体の内部組織が酸化していくことです。人間は呼吸をしてエネルギーを得ているのですが、そこに活性酸素が発生します。

体の細胞や組織を酸化し変質させるので、細胞の正常な働きが低下し、機能を衰えさせると言われています。つまり、活性酸素が老化の原因となるのです。

お肌の話で説明すると、紫外線は、単に肌にシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚に深いシワを刻み込みます。この紫外線が皮膚に当たると、実はその当たった部分に”活性酸素”が発生して、細胞を酸化してしまうと考えられています。

細胞が酸化されるとどうなるか・・・
それは細胞が死んでしまったり、本来持っている機能が働かなくなることを意味しています。こうなっては大変とばかりに、酸化の害がそれ以上広がらないように食い止めようと”メラニン色素”が活躍するのです。

また、紫外線による”活性酸素”の害はシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚の老化を促進させてしまいます。するとシワが刻み込まれていくわけですね。

これは、皮膚の表皮や真皮を支える土台となっている”コラーゲン”というタンパク質や、弾力繊維である”エラスチン”が紫外線によって発生した”活性酸素”によって、酸化されて起こると言われています。

詳しく説明しますと、”コラーゲン”はひも状の繊維構造になっていて、正常な状態だと整然と並んで肌のハリを保持しています。

これが酸化されると、このひも状の繊維が複雑にからみ合ったり、数が減ってしまい肌からハリを奪っていくのです。

また、”エラスチン”は肌に弾力や伸縮をもたらしていますが、やはり酸化されてしまうと、その機能が失われてしまい、皮膚をたるませ、弾力を奪ってシワを刻んでしまうのです。

この”活性酸素”は私たちのからだのいたるところで絶えず発生し続けていますから、”抗酸化力”をつけて”活性酸素”を撃退することが大切になります。