「鼻の皮ムケの手当て方法」のお話です。

この時期、お肌の相談で多いのが、鼻をかみすぎての皮ムケのご相談です。

とめどなく流れてくる鼻水をティッシュでふいているため、擦れて皮が剥けてしまうのです。

このティッシュによる皮のめくれになってからだと、治るまでに約1週間ほどかかってしまいます。

————————-

皮ムケにならないケアの方法

————————-

1.鼻をかむ前にTTQオイルEXを先につけてから、鼻をかむようにします。

→オイルがワンクッションになるのと、めくれた皮脂の補いになります。

2.すぐに荒れる場合は、鼻をかむ前にSPクリームを薄くつけます。外出時でしたら、レスキュークリームでもOKです。

→抗炎症作用成分が入っているので、皮がむけにくくなっていきます。

3.モイストプラスパックを薄くつけてから鼻をかむ

→擦れにくく、保湿感も持続できます。

———————

まずは、鼻の皮がムケてしまわないような対策を先にします。

それでも、どうしても皮がムケてしまったら、

———————-

1.細かい皮ムケの場合

→シャレコクリームをつけます。皮ムケをいち早く戻す作用があります。

2.ひどい皮ムケの場合

→シャレコクリームにTTQオイルEXを足して、良く混ぜて皮ムケ箇所につけます。保湿しながら皮ムケを戻していきます。

3.上記に当てはまらない皮ムケの場合

→シャレコのサポートまでご連絡ください。

———————-

先日、スキンケアレッスンに3歳のお嬢さまを連れてお越しくださった方がいらっしゃいました。

そのお嬢様の目の下が花粉で痒くて擦ってしまって、擦りむいたような傷が出来て赤くなって可哀想な状態でしたが、

シャレコクリームをつけていただくようにアドバイスしたところ、いろいろな保湿ケアや薬をつけてもダメだったけれど、

シャレコクリームを塗ったら数日でよくなった!とご報告をいただきました。

本当によかったです♪

もし、さんの身近な方がお困りでしたら、どうぞ教えてあげてください。

■シャレコクリーム

花粉による皮ムケ、擦ってしまった傷など早くよくなることを願っています♪

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

シャレコ