ZI[

夏の肌は一見しっとり潤っているようで実は乾燥が進んでいることがあります

油断できない夏の肌

夏の肌は一見しっとり潤っているようで、

実は乾燥が進んでいることがあるって知っていましたか?

秋になった途端、

  • 急に顔がくすんだようになる
  • 化粧ノリが悪くなる
  • シミが浮き上がってくる

ということになるかも知れないのです。
c7e4f6ff9959a43171599d3d768182ff_s

夏の肌の保水が秋からのうるおい肌をつくる

夏の肌は、“紫外線”という一番ダメージの強いものからの影響、その他は“エアコン”などにより乾燥が進んでしまうことがあるのです。

肌の乾燥(インナードライ)は、すべての肌トラブルの元の原因になります!

特に、化粧水を使っていないケアをしている人に多くみられる傾向があります。

あなたは大丈夫ですか?

2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s

日焼けのリカバリーと保水ケア

また、日焼けのダメージの回復としても肌への水分補給は欠かせません!

「今日は、長時間外にいたし日焼け止めをつけていたけれど、なんか日に焼けた気がする。」という日には、特に低刺激性の化粧水(ノンアルコール)を補うことで、赤くなったり、黒ずんできたりということをふせぐことができます。

エアコンの風により乾燥する肌は、どうしてもしっとりしたものをつけて保護したくなりますが、内側がどのくらい乾燥しているかに気づきにくくなっています。

3c2c7126e76550e549764ae326174895_s

肌の乾燥度をチェック

そこで、【洗顔後15分、何もつけずにいられるか?】をチェックしてみてください。

もし、つっぱったり、乾燥しそうで怖い!となったら、かなり乾燥(インナードライ)が進んでしまっています。

保湿も大事ですが、保水をしっかりすることで、この乾燥は軽減・解消できます。

また、乾燥肌にとって一番重要なのは、細胞賦活作用のある成分の入った保湿剤を上手に取り入れることです。

もしかしたらインナードライになってしまっているかも?

というあなたには、こちらがオススメです。

1200x628xmn