つけ過ぎ・与え過ぎ乾燥肌

つけ過ぎ乾燥肌

乾燥肌のタイプ診断

つけすぎ・与えすぎ乾燥肌タイプとは・・・

下記のうちあなたの<保湿>スキンケアで当てはまるものはありますか?

1.朝も夜も化粧水の後に乳液、クリーム、美容液、オイルなどの保湿剤を重ねづけしている
2.化粧下地は毎日つけている
3.紫外線l吸収剤ベースの日焼け予防剤を毎日使っている
4.ファンデーションはリキッドファンデにパウダリーファンデを使っている
5.コンシーラーでカバーすることがしばしばある
6.ウォータープルーフタイプのファンデーションをつけている
7.化粧水と保湿剤がこれ一つでOKという高機能なジェルで保湿している
8.白色ワセリンなどを顔につけて保湿している

このうち2つ以上該当しているあなたはつけすぎ、与えすぎタイプです。

あなたはつけすぎ・与えすぎタイプの乾燥肌でしたか?
そんなあなたに乾燥をなくすための保湿の方法をご案内します

♪乾燥をなくためのスキンケア方法は・・・

1.浸透性と保水力の高い化粧水を繰り返し何度も手でつける(コットンは絶対に使わない)。
2.皮膚の細胞賦活作用のある成分入りの油分の多すぎないクリームで保湿をする。
3.足りないお肌の潤い成分を補える美容液を使い、潤い度をアップさせる。
4.化粧下地は必要な時以外は使わないようにしましょう。
5.紫外線予防剤も吸収剤だけのものではなく、紫外線散乱剤との混合のものなどを使うようにして密着を高くしすぎないようにしましょう。(落としづらいので皮膚がダメージを受けやすくなってしまうから)
6.コンシーラーや密着度のよいリキッドファンデ、ウォータープルーフタイプのファンデはできるだけ使わずに水おしろいなどでメイクしましょう!(落としやすいので、皮膚に負担が少なく済みます)
7.これ一つでOKな高機能な化粧品はお肌のインナードライに気づきにくくさせ、慢性の乾燥が続いてしまいますので、きちんと水分補給に化粧水、潤い成分補給に美容液、皮脂の代用にクリームをつけるようにしましょう!

乾燥肌にシャレコおすすめアイテム

バリアクリーム

レスキュースキンジェル

シャレコクリーム

あなたの乾燥肌、敏感肌を元気なトラブルに負けない強い肌にしたくないですか?

シャレコのスキンケアノウハウとシャレコ・スキンケア化粧品の使用で、そのトラブルは改善されていきます。
このノウハウとシャレコ・スキンケアにおいて、乾燥肌・敏感肌はもちろん、アトピー性皮膚炎やステロイドのリバウンドでお悩みの方まで改善していける背景には、これまで真剣に悩んできた人のカウンセリングを続けてきたからわかった効果的な成分を配合してあることと、アイテムごとの目的に合った仕様やキレイになれる分量<キレイスケール>があるからです。
他にも理由があります。

それは、その人の肌に合った季節のお手入れ法やコンディションに合わせたケアの方法をフルサポートできるからなのです。いくら良い化粧品を使っても、その時々の肌のコンディションに合った足したり、引いたりのお手入れができなければ、結果はなかなか生まれません。
そこで、シャレコがあなたのそのトラブルを解消へとサポートしていきます!
今度こそ、この悩みを克服したい!そう思ったら今すぐフルサポートの付いているシャレコ・スキンケアを使ってみてください。そして、潤い、ハリ、ツヤのあるメイクの映えるお肌になっていってくださいね。


お肌のトラブルでお悩みの方、LINEで肌相談してみませんか?
シャレコのLINE@肌相談では、スキンケアカウンセラーがあなたのお肌のお悩みにお答えします。
シャレコのLINE@肌相談


乾燥肌、敏感肌解消法TOP乾燥肌解消法目口の周り乾燥水分不足洗い過ぎ・落とし過ぎつけ過ぎ・与えすぎ力入れ過ぎ・強すぎ乾燥肌の原因と予防法乾燥肌のNGお手入れ

シャレコ新着情報♪

  1. 樹のぶつ切りは、病気を発生させてしまい大切な樹を失っていくことになります。 型破りな診断方法、独自…
  2. シャレコのオフィスのある「蔵前」は、土日になるとものすごい人がたくさん来られて「ものづくりのまち蔵前…
  3. さまざまなストレスにより、脳のストレスが加速している!といわれています。 脳ストレスがかさむと…
  4. 敏感肌すぎて、日焼け止めを使うと肌が余計荒れるので怖い!
    敏感肌の人は、日焼け止めをつけただけで赤く腫れてしまったり、かゆくなって掻きむしるようになったという…

twitter

カレンダー

お買い物はこちらから


15時までのご注文は当日発送!
(日・月曜、祝除く)

肌相談もLINE@で


スキンケア情報、お得情報、さらに肌相談が出来ます。

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク



シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP