パラベンについてシャレコの考え

美肌の法則

パラベンの安全性を考える

歴史が浅い防腐剤のほうがリスクが高い?

2005年8月25日の朝日新聞に「メチルパラベン」についての記事が掲載されました。この件に関して、私の考え方をご説明したいと思います。

今回の内容は発表されるのが学会であるとありました。「学会」ではいろいろな方面から研究を進め発表をする場であり、そのまますべてが正しいという結論ではないと考えます。

記事の中で「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した」というその量がどれくらいか、また濃度もどれくらい濃いものなのか不明なのと人体・動物どちらの実験だかがわからないのが現状だからです。

今までも毒性テストなどでは、身体の小さいラットなどに大量の成分を与え毒性が高いと評価されてきた成分も多々ありますが、人体では行えないのでデータが不足しているものも数多くあります。今回も記事の中に「皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した」とありました。

もともと、皮膚にはバリア機能があり真皮までに到達するようなナノテクのようなもの以外は、異物と捉え浸透させない構造でもあります。(そのナノテクの方がいまや発がん性や神経を経由して脳に届くなどの報告すらありますね。)

それにもし、パラベンを塗布し紫外線を浴びた場合に「老化促進」「肌細胞が死ぬ」ということを考えた場合、紫外線予防が定着した昨今果たしてどれだけスキンケアレベルのまま日光に当たるケースがあるでしょうか?

これらを考えると、すぐにメチルパラベンを悪者にしてしまうのも心配です。

なぜなら、防腐剤として歴史が古く広範囲で使われてきたもの以外のもので防腐剤を使っていたり、防腐効果を持たせている化粧品が多くあるからです。

私はその方がはるかに臨床のデータ数も少なく、使われてきた年数、歴史が浅いという方が怖いと思います。将来それらを使ってきた人がどんな肌トラブルに見舞われるか予想もできないからです。

例えば、シャレコのローションにはシソエキスやローズマリーエキスの分量を多く使っています。が、しかしそれだけでは防腐効果が弱く、ちょっとした雑菌の混入などで(お客さまが使う際に、キャップに触ってしまったり・・・)菌の繁殖がひどくなって、それが原因の肌トラブルになることを避けるために、やむを得ず最小限のパラベンを規定値のギリギリまで落として入れてあります。

研究所では、「そのくらいの量だと意味がないくらいのレベルですから、防腐効果がどれくらい持つのか心配はありますが」という条件つき(その後の経時変化もチェックして、最少量でも安定しています)でお願いしてあります。使い方はみなさんいろいろで注意書きをいくらしても、そういった使い方誤りでトラブルを起こしては申し訳ないという気持ちもありました。

よく天然の防腐剤を用いる話がありますが、植物性のものになるとアルコール抽出による心配、沈殿物・浮遊物による使用感の悪さ、刺激によるアレルギーの発症の心配からパラベンを選択した次第です。

また、選択の理由に医薬品、ハミガキ粉、など日常雑貨として毎日の暮らしで体の中に取り込んでいる保存剤なのと、臨床経験が長いこともあります。

もちろん、パラベンに変わる素晴らしい防腐剤が年数経過も良好で、臨床データの安全性の高いものが出てきたらすぐに変えていきたいと思っています。

しかしながら今現在はベストと思っています。私は肌に良い成分の選択をし、使う人気持ちよく使えて、納得した肌でいられること、そしてそれらを使って「キレイになりました!」というお声を頂いていることがその答えだと思っています。

パラベンとフェノキシエタノールの比較

パラベン フェノキシエタノール
原料 石油原料から作られた合成成分であり、旧厚生省が定めた「102の表示指定成分」にも入っており、肌へのアレルギー性が懸念されている合成防腐剤です。 石油原料の合成成分ですが、「102の表示指定成分」には入っていなかったために、「無添加化粧品」ではよく使われる合成防腐剤です。
急性毒性 体重1kgあたり2.5g 体重1kgあたり1g
少量で毒性発揮
アレルギー 濃度が高くなると、アレルギー症状が出る人がいる。 濃度が低いと、アレルギー症状がほとんど出ません。シャレコでは濃度低い 濃度に関係なく、すこしでも配合されていると、アレルギー症状が出る人がいる。
防腐効果 効果高い 効果低い
配合濃度 化粧品の1%まで。実際はパラベンが0.2%も入ってない化粧品がほとんどである。
パラベンは、0.25%以上になると、刺激を感じる人が、たまにいる。
平均では、パラベンの濃度は、0.1%程度
フェノキシエタノールは、平均濃度0.3%弱である。 パラベンの2倍以上の濃度となる。

※自然派防腐剤の濃度は5%以上 →刺激になりやすくなる

上記から自然派な防腐剤よりは、パラベンや、フェノキシエタノールのほうが、安全性が高い。
パラベン・フェノキシエタノールともに、年々、濃度を低くする工夫が進んでいる。一般的に、 マイナスイメージの強いパラベンですが、フェノキシエタノールより安全性が高いとわかります。

 

【初めての方限定】トライアルセットでシャレコ流スキンケアを始めてみませんか!


お肌のトラブルでお悩みの方、LINEで肌相談してみませんか?
シャレコのLINE@肌相談では、スキンケアカウンセラーがあなたのお肌のお悩みにお答えします。
シャレコのLINE@肌相談

お電話、メール、対面での質問も受け付けています♪


読むだけでキレイになれる無料のメールマガジンはこちらから登録できます!

無料メルマガ キレイ度アップ計画
化粧品を使えば、エステの施術を受ければ、ニキビやしみ、肌の乾燥がなくなると信じていた私。
あれをやってもダメ、これをすれば顔が余計ボロボロになって酷くなる。
私の肌は敏感肌だから化粧品が合わないんだわ~と、諦める日々。
給料の半分近くも、肌が良くなる夢を見て良いと言われる化粧品を買い続けていたけれど、私の肌は何をしても良くならなかったのです。
ところが、運命的な出会いによって、肌がよくなるためには、自分がしているスキンケアの方法を見直すことだと知り、自分の肌が今何を必要としているかを知ることで、肌の悩みは一つずつなくなっていきました。
そんな経験から、誕生したこの「肌トラブルをリセットするスキンケア術:キレイ度アップ計画」をぜひ、同じ悲しみや苦しみを持つ女性にお届けします。
この7回のメール講座が終わる頃には、「すっきりした気分」と「本当の希望が湧いてくる」 ことでしょう。
さぁ、今すぐ登録してお読みください。そして、結果につなげてくださいね♪

キレイ度アップ計画

姓  (例)綺麗
名  (例)肌美
メールアドレス  (例)hadami@shareco.jp
年齢 ※ 10代20代30代40代50代以上
申し込みのきっかけは何ですか? ※ ネットで検索紹介(家族・友達)他のサイトをみてブログモニプラメルマガを読んで雑誌フェイスブックツイッターその他

※「メールアドレス」「住所」などをお間違えのないようにご確認ください。

※お申込み後、受付完了の自動返信メールが送られます。もし、そのメールが届かない場合は受付されていない可能性がありますので再度お申込みください。

※ご応募いただいた方には、・気になる美容情報やスキンケア情報 ・季節にあわせた肌トラブル対処法・お肌のトラブルQ&A などの情報満載「♪シャレコレター」を週1回お送りいたします。

シャレコ新着情報♪

  1. 夏休み 親子でお楽しみ企画 “泡アートで遊ぼう!”を開催します♪ 夏休みになると、お子さんとお…
  2. 大変ご好評につき、満席となりました! 現在、お申し込みを終了しております。 ・予約サイトのリ…
  3. シャレコの友人であり、人気著者であります柳川隆洸先生の出された本は、 運のいい日一覧表がダウン…
  4. シャレコオリジナルイベントのご案内 パーソナルカラー講座 2017年6月10日(土)10…
  5. シャレコオリジナルイベントのご案内 おぐち恵子先生の幸せ美人になるための3つの法則講座 【行動の法…

twitter

カレンダー

スキンケアの定説

  1. テレビや雑誌で特集されることも多い、美容液ファンデーション。 海外旅行のお土産でもらったとい…
  2. 「化粧水をつけたあとは、乳液やクリームでお肌にしっかりフタをしましょう!」という定説。 とても…

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク

シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP