6月のスキンケア│汗でお顔がむずかゆくなったときの対処方法

汗でお顔がかゆくなったら

6月のスキンケア

さわやかな春になり、季節の変わり目がようやく落ち着いたと思ったちょうどこの季節に、日本では全国的に梅雨を迎えます。

この梅雨の時期は、他の月よりもいろいろな変動が起きやすい時期ですので、スキンケアいつもの調子ではなく、少しアレンジが必要となるかもしれません。

そんな6月のスキンケアのコツをまとめました。

1.汗対策

2.菌や汚れ対策

1. 蒸し暑い日が続きがちなこの季節は、汗の量が増えてきます。

お顔に汗が残っている状態だと、顔がピリピリ・ムズムズとかゆくなることがあります。

皮膚の表面にはバリア機能があり、内側からの水分が蒸散したりしないようにコントロールしたり、外的刺激から守っています。

汗も、このバリア機能にとっては大切な要素ではあるのですが、大量の汗は皮脂と混ざるのではなく、皮脂をおしのけてしまいますので、皮脂膜ができずらくなるのです。

皮脂膜ができづらくなると、肌は荒れやすくなっていきます。

こうして、バリア機能が弱ってしまうと、水分蒸散が激しくなるため、外部からの刺激を感じやすくなり、チリ、ホコリ、雑菌、排気ガス、PM2.5などが肌に付着し、刺激をより一層感じやすくしてしまうのです。

また、このかゆみの状態が続くと、肌に赤味なども発生しやすくなります。

★対処法★

汗をこまめにガーゼハンカチで拭く。

汗をかいた場合には、シャレコローションを小ボトルに入れて持ち運び、かゆくなったらかるくティッシュオフして、そこに少量のローションを重ねてつけます。

その後は、シャレコパウダーをしっかりはたいて、外的刺激物が肌に直接触れないようにしてください。

 

2. 1でお話した外的刺激のうち、菌や汚れ(ホコリ、雑菌、排気ガス、PM2.5)などの異物が肌に影響を及ぼします。

かゆくなったり、赤味が出たりするだけでなく、肌がザラザラしたり、ゴワゴワしてしまうケースも発生します。

湿気がなる季節なのに、肌がザラザラ・ゴワゴワ、炎症というのはこういった外的刺激物の影響が大きいのですね。

★対処法★

夜のお手入れでローションパックを定期的に取りいれましょう。シャレコローションはモモハエキス、シソハエキスなどが配合されているため、刺激を受けた肌を優しくいたわります。

 

関連記事

シャレコ新着情報

  1. 糖質制限で幸せダイエット
    こんにちは、シャレコです。 標準体重という言葉をご存知でしょうか? もっとも健康的に生活ができる…
  2. 秋のスキンケア
    秋のスキンケア そろそろ乾燥が気になる頃。衣替えと同じでスキンケアの切り替えタイミングって難しいで…
  3. 何年ぶりかの肌のご相談があったのですが、「ここ数年順調だった肌が急にシワっぽくなったんです・・・年か…
  4. パーソナルカラーでくすみ解消
    パーソナルカラーでくすみ解消? くすみとは、肌の血色や透明感、明るさが失われて見えることです。 …

twitter

カレンダー

お買い物はこちらから


シャレコスキンケア製品の
お求めはこちらからどうぞ
15時までのご注文は
当日発送いたします!
(日・月曜、祝除く)

スキンケアの定説

  1. 開き、詰まり、黒ずみ…と、年代を問わず、多くの方がお悩みの「毛穴トラブル」。どこかしら思い当たる方も…
  2. 皮膚科医による「肝斑の最新治療方法」を聞く機会がありました。 中でも印象的だったのが「シミの治…

RSS アメブロマイスター

おすすめリンク





シャレコ公式SNS

FOLLOW US ON

ページ上部へ戻る
TOP