Q&A よくあるご質問

なんかヌルヌルした感じが残るような???

【回答】
シャレコクレンジングのベースとなる油はとても貴重な月見草の油を用いています。
この油は皮膚の保護をするのに大きな作用があります。
また、クレンジングの際の落としすぎによる乾燥肌敏感肌ダメージ肌肌トラブルを予防するために、多少の保湿剤を配合してあります。
この保湿剤が乾燥肌敏感肌ダメージ肌トラブル肌にならないように、肌を守りながら、メイクを浮かしています。
それがヌルヌルする感じに思われるのだと思います。
その後の洗顔フォームでは微アルカリ性で洗浄力、脱脂力に優れているため、バランスよく肌に付着している油分、保湿剤を適度に落とし、肌の内側から生まれ出る潤いを逃がさずに洗うようになっています。
もし、ヌルヌル感やしっとり感が気持ち悪い場合は、クレンジング後の手についたクレンジングを先に石鹸などで軽く落としてから顔をすすぐ方法だと、早くヌルヌルとした感じはなくなると思います。
また、サッパリしすぎてしまうということは皮膚のバリアゾーンを弱めることにつながるので、適度に落とすという感触にどうぞ慣れてみてください。
それでも透明感のある肌づくりはちゃんと出来ていきますので、ご心配なく・・・。

Q&A よくあるご質問

クレンジングがちゃんと落ちたか心配です。

Q:クレンジングですが、キレイスケールどおりに出してもあまり落ちているのかわかりません。どうしたらよいですか?

A:はい、キレイスケールは最低取り出して使っていただきたい分量です。
なぜなら量が少ないことで皮膚への摩擦や刺激が起こり、シミや色素沈着、ニキビ・吹出物につながってしまうからです。
ただし、この量だけではメイク品や皮脂となじみきらない場合があります。
▼比較的脂性タイプの肌質の場合
▼化粧下地+きっちり落ちにくいリキッドファンデをお使いの場合
その場合は、キレイスケールよりも1.2cm多めに出してお使いになってみてください。
ポイントとしては・・・
▼湯気がたくさん出ているお風呂の近くだと親水性が働き、メイクが落ちにくく感じてしまいますので、そのような時は、先にメイクを洗面所などで落とすようにすると良いでしょう。
※ニキビ・吹出物、皮膚の乾燥の激しい場合は、帰宅後すぐに洗顔しておくことをオススメします。
シャレコクレンジングは肌荒れ予防の成分が入っていますので、クレンジングの後に特に何もつけなくても大丈夫です。
洗顔後にいつものお手入れをしてみてください。
▼乾いた手、乾いた顔の状態でクレンジングしてください。
▼手のすべりがふっと軽くなり透明になったら、メイク品の油や皮脂となじんでいますので、その後はすすいでください。
以上の点に気をつけてクレンジングしてみてくださいね。

Q&A よくあるご質問

どうしてクリームタイプのクレンジングがいいの?

【回答】
クレンジングには、さまざまな種類があります。
最近流行のオイルタイプのクレンジングは簡単で便利なのですが、とても強い界面活性剤を含んでいる場合が多く、オイルクレンジングはもともと舞台メイクなどのようなしっかりと塗った化粧を落とすのに使われてきたものです。
落ちが良いから、便利だからと長期間使い続けてしまうと、徐々に肌が荒れてきてしまうことがあります。
また、油分を全く含まないジェルタイプには、油分を入れないかわりに、アルコールを入れています。
そして、ショートタイプ(拭き取るクレンジング)も同じくアルコールが入っているため肌への刺激が強く、毎日の使用にはあまり向いていないと言えます。
さらに、防カビ剤が含まれているのもありますので、気をつけなくてはいけません。
これらを使っても大丈夫 ! という、もともと皮脂量の多い「脂性肌」で、何をつけても刺激を感じたり、カブレたりということのない人であれば使用しても問題はありません。
しかし、そのような肌のタイプの人でも長年使ってしまうのは心配ですし、「普通肌」「乾燥肌」「混合肌(乾燥型脂性肌)」で、「敏感肌」「過敏肌」の人には、「クリームタイプ」のクレンジングがいちばん良いと考え、シャレコクレンジングクリームは「刺激」や「負担」が少なくなるようにデザインしました。