日焼け止めにシャレコのUVプロテクト

シャレコUVプロテクト
シャレコUVプロテクト
<日焼け止め>

シャレコUVプロテクト
使用期間目安:150プッシュ
1回1〜2プッシュ使用の場合、
2ヶ月半〜4ヶ月
シャレコUVプロテクト<日焼け止め>
価格 3,300円(税抜)+消費税

商品番号 SRC-2003 内容量/30mL
<SPF 25 PA++>
無香料・無法定色素・無鉱物油
低刺激性タイプ、ノンアルコール
発売元:シャレコ株式会社
製造販売元:株式会社シュア

よくある質問をみる

10000円以上で送料無料



  • 紫外線をシッカリ防ぎながら、肌に優しいノンケミカル処方
  • シャレコクレンジングクリームで肌に負担をかけることなく落とせます
  • フラワーエキス配合で、肌をいたわりながら日焼け予防ができます
  • 低刺刺激性なので、繊細肌でも安心してお使いいただけます

シャレコUVプロテクトは次のような方に最適です

  • 一日中、室外での仕事のため、日光にずっとあたってしまう
  • 海や山でのアウトドアレジャーを思いっきり楽しみたい
  • スポーツをするとき、汗に強い日焼け止めのほうがヤッパリ便利
  • シミができやすいので、徹底した紫外線対策が必要なの

ご愛用くださっている皆様のお声

美肌の敵は「紫外線」。でも…

何が何でも紫外線から肌を守らないと、美肌・白肌になれない!!

などと言われ、多くの日焼け止めアイテムが発売されている昨今。しかし・・・

お客様からのメッセージ
日焼け止めアイテムをつけて、シミが出たり、肌がザラザラ・ゴワゴワ、さらに大人ニキビが続いてしまうというトラブルに見舞われてしまう人が続出しています。

汗で流れてしまうのが心配だし・・・

でも、どんどん密着の高いアイテムを使い続けると、落とすときの負担もとても大きくなります。
どれだけ肌がダメージを受けているかというのは、すぐにはわからないですからね。



ということでシャレコでは、その人のライフスタイルに合わせて

「日焼け止めアイテムをデイリー用、アウトドア用で使い分ける」

のが最適と考え、すでにデイリー用の日焼け止めとしてUVローションの製品化に成功していました。日常生活では、デイリー用としてこのシャレコUVローション(SPF10:PA+)を使っていただいています。

サラっとしてこれで日焼け止めなの?という軽い使用感ですが、その上にメイク品やパウダーを乗せることもあり、しっかり日常紫外線はカットできています。

ただ、外出時間が長かったり、紫外線に長くあたり続ける環境の場合には、アウトドア用(SPF20〜25:PA++以上)を使って、強烈な紫外線から肌を守るようにとご案内してきたものの「日焼け止めにはどんな製品がオススメですか?」と聞かれることがとても多く、4年がかりでモニターなどを繰り返し研究してきて、いよいよ誕生しました。

日焼け止めにシャレコのUVプロテクト

シャレコUVプロテクトは「SPF 25 PA++」
そして、無香料、無着色、無鉱物油、低刺激性、ノンアルコール、ノンケミカル処方です

※シャレコUVプロテクトはノンケミカル処方です。
皮膚刺激を感じる可能性があると言われる紫外線吸収剤を使わず、粉体高分散技術により、紫外線散乱剤を均一に分散させ、高い紫外線防御効果を実現させているので、肌に優しい予防剤となっています。

肌をいたわる10種類の植物性エキス成分を配合

シャレコがメイク品にこだわりを持っているのが、フラワー(花、茎、葉)エキスです。

シャレコパウダーとクリーミーファンデーションにはこのフラワーエキスを同じように配合しています。

【セイヨウオトギリソウエキス】
オトギリソウエキスには、日焼け予防や消炎作用があり、最近ではオトギリソウに含まれるファレロールにコラーゲンレセプターがあると言われています。

【トウキンセンカ花エキス】
ヨーロッパでは、古くから薬用植物として栽培されている。消炎作用、鎮痛作用、清浄作用、があり外傷や湿疹の治療を促進します。

【カミツレ花エキス】
カミツレは、古くから薬用の目的で世界温暖帯各地で栽培されていて、保湿効果、消炎作用   血行促進などの効果があります。

【フユボダイジュ花エキス】
ボダイジュエキスには、フラボノイドなどを含有し、保湿作用、血行促進作用があります。

【ヤグルマギク花エキス】
ヤグルマソウの花を抽出したエキスで、消炎作用、保護作用、肌あれを防ぎ、肌をなめらか   にする作用があります。

【ローマカミツレ花エキス】
フランスで最もよく使われている薬用植物の一つであり、坑炎症作用、皮膚代謝促進作用、抗菌作用があり、敏感で乾燥しやすいお肌をなめらかにします。

これらのフラワーエキスにも助けられて、皮膚の弱い方でも低刺激で安心してお使いいただけるクリーミーなUVカット剤となっています。


UVプロテクト開発秘話
「シャレコさんでは、SPFの高い日焼け止めは、ないんですか?」
とお問い合わせをいただくこと4年。


お客様からのメッセージ
私自身もテニスをするため、日焼け止めには苦労していました。UVローション、水ファンデをつけて試合。終わると滝のような汗ですべてが流れてしまって、顔に縦筋が入ってとっても怖い顔になっていたこともしばしば。

そんな中、どんな日焼け止めがいいのかずっと研究していたのですが、肌に優しくすると密着が悪くなるし、密着を高くするとニキビができてしまいそうで何度も試作しました。


メンバーさんのご協力のもと、モニター実施を4回ほど繰り返したのですが、途中では、UVプロテクトに色をつけて、クリーミーファンデーションと兼用のようなアイテムになったり、いろいろでした。


色つきUVプロテクトのモニターは大好評でした。私もかなり満足のいくレベルに出来上がって製品化に向けて動いていたとき、お気に入りの服を着ていたところに、うっかり色つきUV剤が服に付いてしまったのです。水で落とそうとしても、水ファンデと違ってそう簡単には落ちません。


もし、これを製品化したら同じようにショックを受けてしまう人がいらっしゃるかも・・・。


と、あれこれ考え迷っていて半年が過ぎたとき、色つきUVプロテクトのモニター品をもう一度取り出してみたら、なんとマーブル模様になってしまっていたのです。


このマーブル模様をなくすためには、肌に負担がかかりやすい成分を入れる必要がありましたが。(ちょうどある人とのご縁のお陰で、クリーミーファンデーションの開発も進み始めていましたから、色にこだわらなくて済むという流れになりました。)


そこからが大変でした。色はやはり透明がいい!!と思ってみるものの、肌に優しい処方だと透明にすっと伸びてくれずに、白浮きしてしまうんです。


開発室 白浮き改善が今度はテーマになりました。 どうしたら肌に優しい処方設計で、白浮きを改善できるのか?


ここでまた数ヶ月立ち止まっていたのです。


そんなあるとき、試作で使っていた成分が輸入規制で入手しにくくなって安定供給ができにくいという情報が入りました。そうなると、その代わりになる成分を探さなくてはいけなくなり、それを研究の人が見つけてくださいました。


そうして、それを配合したらウソのように白浮きが減ったのです。


このUVプロテクトの効果のほどは?ということで、私がソフトテニスの大会でどのくらい日焼けしてしまうかの実験しました。


大会では、大量の汗をかきましたが、UVプロテクトを塗った箇所は日焼けせず、塗らなかった箇所は赤くなったり、薄く皮が剥けたりするなどしました。
(やっと自分でも効果を実感できたのです)

こうしてさまざまな難関をクリアして出来上がったのが、シャレコUVプロテクトです。


どうぞあなたのスキンケアライフの一つとしてご活用ください。

シャレコUVプロテクトは「SPF 25 PA++」
そして、無香料、無着色、無鉱物油、低刺激性、ノンアルコール、ノンケミカル処方です

キレイになれる使い方
シャレコUVプロテクト
1.手のひらに1〜2プッシュを取り出します。

2.両手のひら全体(指先まで)サッと広げます。

3.日に焼けやすい鼻の頭、頬の高い部分、アゴ、オデコからつけます。

4.やさしくペタペタと手のひらを肌に置くようにつけていきます。

5.目元、小鼻、口のまわりなど細かい部分は指先を使ってトントンと少しずつ位置をずらしながらつけます。

6.つけ残しがないかを確認して最後にもう一度手のひら全体でなじませます。

7.この後にクリーミーファンデーション又は、ウォーターベースファンデーション、パウダーを重ねて仕上げます。
※シャレコUVプロテクトはカラダ全体にお使いいただけます。


お客さまからのご感想お客さまからのご感想

♪私はとても汗をかくのですが、ティッシュで抑える程度だったけど日焼けしなかったので、持ちはよったのだと思います。あれだけの密着度なので、夏場はとても助かります。少し落ちにくいかな〜と心配していましたが、意外とクレンジングでさらっと落とせました。  Y.Iさん


♪一日中ベタベタしないところが気にいりました。UVローションと水性ファンデーションで日焼け予防を頑張っていましたが、汗をかくとポタポタと落ちて、洋服についてしまっていたのですが、このUVプロテクトとクリーミーファンデーションを重ねたらずっとピッタリついていました。汗が出ても流れてくることなかったです。    N.Kさん


UVプロテクト全成分
シャレコUVプロテクト
水,シクロペンタシロキサン,酸化亜鉛,BG,酸化チタン,PEG-10ジメチコン,(ジメチコン/メチコン)コポリマー,ビワ葉エキス,ムラサキ根エキス,ガリカバラ花エキス,アカツメクサ花エキス,セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス,トウキンセンカ花エキス,カミツレ花エキス,フユボダイジュ花エキス,ヤグルマギク花エキス,ローマカミツレ花エキス,スクワラン,PG,グリチルリチン酸2K,ステアリン酸イヌリン,酸化ジルコニウム,水酸化Al,塩化Na,メチルパラベン



UVプロテクトの上に、クリーミーファンデーションでバッチリ日焼けブロック









Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】