日焼け後のケア | 紫外線は美肌の大敵 | スキンケア 無料相談

肌に優しいUV対策をすぐに見たい方はこちら

日焼け状態に合わせたスキンケア方法
軽い日焼け中程度の日焼けひどい日焼け
軽い日焼けのスキンケア
軽い日焼け
日焼けの状態
日焼け当日の肌にほんのり赤みがあるかな〜という程度の焼け方です。 当日はほんのり赤いのですが、数日すると黒さが少しずつ増していきます。


洗顔
クレンジング→洗顔のW洗顔
洗顔料は良く泡立てて、泡を顔の上で転がすように優し〜く洗います。日焼け当日は刺激を受けやすいため、泡を肌に乗せている時間をいつもの半分くらいの時間にしてくださいね。そしてすすぎの回数は8回程度にしましょう。

洗顔
日焼け当日は、いつもの回数の2倍つけるようにしましょう。
毎日5回、取り出してはつけ、取り出してはつけと繰り返していた場合、日焼けした日は10回ほど取り出してはつけ、また取り出してはつけと、じっくりと時間をかけてつけてみてください。

洗顔
いつもの保湿にアミノ酸入りの美容液をプラスしてみましょう。
日焼け後の肌は油分も不足した状態です。また、肌の水分を保つ潤い成分NMF(天然保湿因子)の約40%を占めるアミノ酸を補い、肌の潤いをキープさせることは回復を早める大切なポイントですよ。

無料肌相談
中程度の日焼けのスキンケア
中程度の日焼け
日焼けの状態
少し赤みが目立ち、ヒリツキを感じる状態です。
このケアを間違えてしまうと、シミやくすみ、シワのトラブルに進んでしまうことがありますので早目のケアが肝心です。


洗顔
クレンジングのみで当日の洗顔は終わらせます。
ダメージを受けている肌には洗顔料などの刺激は赤みを増す原因につながることがありますので、使わないようにしましょう。

洗顔
繰り返し繰り返し、いつもよりタップリと補います。
収れん性のあるもの、アルコールの入っている化粧水は使いません。
コットンは使わず手で顔をそっと包み込むようにつけてください。
回数は最低でも10回は取り出してはつけ、取り出してはつけを繰り返すようにしましょう。
ただし、繰り返している内に化粧水がヒリヒリしてきたら、その時点でストップします。

洗顔
クリームタイプの保湿剤をいつもより多めにつけます。
乳液やオイルなどの液状ではなく、クリームタイプの保湿剤が肌を優しく保護してくれます。

翌日のケア
朝はいつも通り洗顔料を良く泡立てて、優しく洗顔します。
その後、すぐに化粧水をタップリと手に取り出してはつけ、取り出してはつけとくり返し7回〜8回はつけます。そして保湿も、しっかりと行います。メイクはしても大丈夫です。

夜はクリームタイプのクレンジングでメイク落としをしてから、洗顔料を使って洗顔をします。化粧水も同じようにしっかりタップリ(7〜8回程度)つけ、保湿します。

3-5日後のケア
赤みが引いて日焼けした感じがなくなったら通常のスキンケアに戻して大丈夫です。赤みがなくなると、黒さがでてきますが、この黒さをなくすためにはアミノ酸入り美容液を併用したり、クレイ系パックを2〜3日に1回、お手入れに加えると良いですね。


無料肌相談
ひどい日焼けをしてしまったら
ひどい日焼け
日焼けの状態
当日の夕方から夜にかけてヒリヒリと痛み、ジンジンする火傷のような日焼け。
夜も眠れなさそうという時は、早目に皮膚科を受診しましょう。


洗顔
まずは氷袋などで焼けた箇所を冷やします。直接当てて冷やしすぎると逆に火照り感が出てきますので、肌にガーゼやタオルなどを当ててから氷袋を置くようにしましょう。
時々外して、冷やしすぎに注意してくださいね。

洗顔
日焼け当日は、洗顔はしません。というかしみて出来ませんよね。良く冷やすことに専念しましょう。
それでもヒリヒリ痛みを感じるときは、家に置いてある常備薬で、効能・効果のところに「火傷」の表示があるものをつけて対処しておきます。翌日すぐに皮膚専門医の診療を受けてくださいね。
洗顔

朝の洗顔は水?と思うくらいの低温のぬるま湯又はお水で軽く洗い流すだけにします。しみる場合はこの素洗いをしなくても構いません。

この日は化粧品を塗らないようにしてください。日焼け止めもNGです。紫外線にさらに当たらないよう外出は避けてくださいね。悪化すると火傷跡が残ってしまいます。

夜も洗顔は素洗いだけです。痛みがひどくなければ、この日の夜にはクリームや美容液、オイルなどしみないものだけをつけます。(化粧水は多分しみて使えないと思います。)


洗顔

朝は洗面器に洗顔料を溶いて、その水に近い石鹸湯をかけるだけで洗うようにします。本当はためたぬるま湯では洗わないほうがいいのですが、非常事態のため仕方ありません。3〜5回ほど顔にかけたら、流れている水に近いぬるま湯(24℃)ですすぎます。

洗顔後は、2日目夜と同じように、クリームや美容液、オイルなどだけをつけます。また、日焼け止めやメイク品の使用はさけましょう。肌の回復を早めるお手入れを先にしてくださいね。

夜も朝と同じく素洗いです。
水ぶくれがないようでしたら美容液を先につけてから化粧水をつけてみます。ヒリついたり、痛みがなければ化粧水を4〜5回くらい手でつけてみます。(コットンは使ってはダメです、パッティングも刺激になりますので、やめて下さいね)

その後に、クリームやオイル、美容液などで保湿します。


洗顔
この日くらいから、普通に洗顔しても大丈夫だと思います。洗顔料をよーく泡立てて優しく洗顔をしてください。
※最低2週間は、固形せっけんなどの使用は控えましょう。強すぎて肌が回復しにくくなります。

1ヶ月は日焼け後の肌がゴワゴワ、黒くなってしまいますが、日焼け後のすぐのお手入れをこのとおりしておけば、時間はかかりますが何とか元に戻っていきますので、万一ひどい日焼けをしたらこの情報を参考になさってください。


無料肌相談

日焼けのアフターケアが美肌の秘訣


|| 特集:夏のスキンケア 紫外線は美肌の大敵 シャレコの肌にやさしいUV対策で上手に紫外線対策しましょう ||


シャレコUVローション  シャレコUVローション:敏感肌、にきび肌でも安心して使える
 無油分のUVローション【デイリー用】

 SPF10、PA+
 価格:2,800円(税抜)+消費税
 内容量:30ml
 
シャレコUVプロテクト  シャレコUVプロテクト:10週類の植物エキス配合。
 肌をいたわりながらしっかりと紫外線ケア【アウトドア用】

 SPF25、PA++
 価格:3,300円(税抜)+消費税
 内容量:30ml
紫外線が肌に及ぼす影響が知られるようになってきましたので、UV対策を意識しない人は殆どいないと思います。
でも、あなたはご自分の紫外線対策に自信がありますか?

と、思い当たる人は、もしかしたら肌を守る紫外線対策が
できていないかもしれません…。




紫外線の基礎知識
紫外線の種類UVA波
全紫外線の90%以上を占め、そのほとんどが地表に届く上、雲や窓ガラスも通過します。エネルギーが弱いため浴びていることを感じにくい紫外線です。

UVB波
全紫外線に占める割合は10%以下。一部がオゾン層で吸収される上、雲などで遮られやすい。エネルギーが強く短時間で炎症などを起こしやすい紫外線です。

UVC波
オゾン層で吸収され、ほとんど地表に届かないといわれています。
UVA波・UVB波・UVC波


UVA波とUVB波の肌への到達度

こんな紫外線にも注意



 最近では、ビルの反射光による紫外線が
 目に入るという説もあり、目から入る紫外線による
 シミなどにつながるという報告もあります。
紫外線の慢性対応について
日焼けだけではない、肌を老化させる紫外線は一年を通して地表に届いています。
 曇りの日も油断禁物!また、日当たりの良いお部屋の中にも紫外線は入ってきます。

日々のわずかな紫外線の影響が、少しずつ肌に蓄積されていき、
気づいたときにはシミ、くすみ、シワ、乾燥に悩むことにも…。





日焼け予防化粧品 用語解説


紫外線防止成分について

紫外線吸収剤

吸収剤そのものが紫外線を吸収し、熱などの他のエネルギーに変化させて肌の表面から放出させます。肌の内部に紫外線の悪影響が及ぶのを防ぎます。
肌に負担が掛かることがあり、肌荒れの原因にもなることがありますので肌が弱い方は注意が必要です。

紫外線散乱剤

主に粉体で、肌の表面で受けた紫外線を乱反射されて逃がし、紫外線が肌の内部へ侵入するのを防ぎます。吸収剤に比べるとカブレにくいものですが、人によっては肌の乾燥を感じることがあります。
紫外線散乱剤のみで作られた日焼け止めは「ノンケミカル」と表示されます。

数値について

SPF値

肌を赤くヒリヒリさせるUVB波を、どれくらいの時間防ぐことができるかを表した数値です。
SPF1で20分、サンバーン(赤く炎症のような日焼け)状態になるのを防げます。
 SPF値 10 → 200分(3時間20分) ・・・日照時間内
 SPF値 20 → 400分(6時間40分) ・・・日照時間
 SPF値 50 → 1,000分(16時間40分)・・・日照時間をはるかに超える

PA値

肌の老化を促すといわれるUVA波を、どれくらい防ぐかという目安の数値です。
 PA+ → UV防御効果があり  ・・・生活紫外線の対策
 PA++ → UV 防御効果がかなりある・・・生活紫外線・屋外で活動する時の対策
 PA+++ → UV 防御効果が非常にある・・・屋外での活動が長い時の対策

 一般的に、普通の生活ベースで考えると、PA++、SPF15〜20のものを
  使えば 紫外線対策はできますね♪




日焼け予防剤の正しい使い方

日焼け予防剤 塗る量に注意
少なすぎると効果が低くなってしまいます。
顔全体につけたら、鼻、頬骨、顎部分に
もう一度重ね塗り
すると安心です。
日焼け予防剤の重ね塗り

日焼け予防剤 塗り直しが必要
肌のことを考えると日常生活の紫外線対策は、それほどSPF値が高くないほうが肌に負担が掛かりません。ですので、日焼け予防剤の付け直しが必要になります。
また、SPF値が高いものを使っていても、こすったりすると落ちてしまうのでやはり付け直しをした方が良いでしょう。
日焼け予防剤


クレンジングで落とします。
美肌のための日焼け予防剤。その後は必ずクレンジングをするようにしましょう。
洗顔だけでは落としきれず、肌トラブルになってしまっては心配ですよね。
クレンジング




化粧品にプラスの紫外線対策
帽子・日傘、長袖やスカーフ、手袋・サングラス

午前10時〜午後2時が紫外線のピークです。 (1日量の半分の紫外線量になります)



日焼けのアフターケアセット
日焼けのダメージを残したくないあなたに
【下記のセットがお得ですよ】

日焼けのアフターケアセット


シャレコウォッシングフォーム<洗顔料>
シャレコローション<化粧水>
シャレコクリーム<保湿剤>

以上の3点セット
★お支払い方法はクレジット・郵便振替・銀行振込・代金引換があります!


シャレコウォッシングフォーム
大切な皮脂を残しつつ、不要な汚れを落とせて、肌にマイルドな洗顔料です

シャレコローション
肌に受けたダメージをやわらげるモモハ、シソハなどの抗消炎作用成分配合。保水力にとても優れているので、日焼け後の乾燥をふせぎ、シミに残らない肌肌づくりができます

シャレコクリーム
日焼けのダメージによるメラニンの排泄をしっかりサポートします

無香料・無着色・無鉱物油、ノンアルコール
低刺激性タイプ、無法定色素

日焼けのアフターケアケアセット
<フルサポート付>
価格 10,300円(税抜)+消費税
※送料サービス



10000円以上で送料無料