ほうれい線が薄くなるとき

シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
ほうれい線が薄くなるとき

鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の皺(しわ)のことをほうれい線と呼ばれていますが、

このほうれい線。

見た目の印象をものすごく老けたように見せてしまうため、ほうれい線が出た時にかなりのショックを受ける人がとても多いです。

原因としては、

・加齢・肌の乾燥・精神的ストレス
・紫外線によるダメージからの進行
・偏食・ビタミンCの不足・コラーゲンの欠乏

が主な原因と言われています。

以前に、ほうれい線の意外な原因を♪シャレコレターでもご紹介しましたね。
http://member.shareco.co.jp/sharecoletter/cat131/

これ以外にも、骨格的に言うと小顔で、アゴが尖っている方や頬骨がくっきりされている方もほうれい線ができやすいようです。

また、慢性の乾燥肌の場合はシワ→ほうれい線と変化しやすくもあります。

冷え性、むくみがちな体質の方は、スキンケアをいくら頑張ってもほうれい線が消えないケースがあるので、必ずほうれい線の悩みは内面のケアも同時に必要になるとご案内させて頂いていますが、

実際、スキンケアを続けていて薄くなったというメンバーのお話を伺うと、「TTQオイルEX」と「エッセンス」を使い始めてから良くなったとお話くださることが多いです。

★TTQオイルEX
http://www.shareco.co.jp/care_oil.htm

このTTQオイルEXは、別称マカダミアナッツオイルであり、パルミトオレイン酸という脂肪酸成分が、他のさまざまなスキンケアオイルよりも多く含まれているのが特徴です。

この成分は人間の皮脂にも含まれていて、肌の弾力を保つ役割があります。パルミトオレイン酸の分泌は、加齢による皮脂の減少とともに減っていってしまうといわれています。

逆に、このオイルを補うことで皮膚の弾力を保ち、また再生力もあると考えられているため、こういった成果に結びつきやすいのかも知れません。

もし、ほうれい線を早めに対処したい場合には、

1.軽め洗顔
2.ほうれい線の上に薄くトントンと置くようにエッセンスまたはTTQオイルEXをつける
3.化粧水、クリームといつもどおりに基礎のお手入れをする

を、4ヶ月(変化平均期間)ほど、内面ケアと同時にお試しになってみてください。

また、何かわからないこと、肌のご相談等ありましたら、いつでもご連絡ください。

【無料肌相談】 support@shareco.co.jp




シャレコレターバックナンバー

「疲れていない?」と言われて鏡を見ると、ほうれい線がくっきりしていることがあります。

中医学では「疲れている」=「気の不足」と考えます。
気(目に見えないエネルギー)は、あるべきものをあるべき位置にキープするはたらきを担っています。

気が不足すると体はだるくなり(疲れ)、頬を支えることができずたるみが生じます。するとほうれい線が出現します。

このあるべきものをあるべき位置にキープするはたらきは、脾臓(消化器系全般を担う胃腸に似た臓器)から生れます。
よって胃腸のはたらきがほうれい線と大きく関係しています。

脾臓は湿気を嫌う臓器です。
水分の摂り過ぎや脾臓や腎臓のはたらきが低下しむくみやすいと、ほうれい線はあらわれやすくなります。

また水分をたくさん摂っても直接お肌は潤いません。
飲食物から得た水分は脾臓より上に位置する肺へと持ち上げられ、肺からシャワーのように全身に届きます。

脾臓のはたらきが低下していると肺へ水分を持ち上げることができず胃に水が停滞します。
するとお腹からチャポチャポ音が聞こえてきます。
こんな方はせっかく水分を摂っても身体の一番外側に位置するお肌を潤すことができません。

ほうれい線が気になる時は水分の摂り過ぎに気をつけ、水分の多い野菜や果物を摂るようにしましょう。
また甘いもの、油っぽいものは湿気を生み脾臓のはたらきを低下させます。
水分たっぷり含む蒸料理は消化もよくおすすめです。
11/28 第364回 顔のくすみがなくなるとき 

お顔のくすみの原因は体内にもあります。

検査機器のない古代の診断方法の中に「望診」という方法があり、
顔や舌などの色やツヤから体の情報を得ました。

くすみから考えられる体内の様子は「血の滞り」。
血が滞ると、いわゆるドロドロ血状態となり血の色が黒っぽくなります。

お肌の色は毛細血管が透けてあらわれます。
黒っぽい血が流れているとお肌は黒っぽく映ります。

また、気(目に見えないエネルギー)が不足するとお肌の新陳代謝が悪くなります。
すると老化角質がはがれにくく影を作り、くすみが生じます。

その他の肌色から体内の様子をみてみましょう。

顔色が黄色っぽい肌
・胃腸のはたらきの低下
・気(目に見えないエネルギー)と血の不足

黒っぽい肌
・血液の滞り
・冷え

つやがなく異常に白い肌
・血液不足
ちなみに貧血を起こした人の顔は真っ白です。

赤い肌
・熱がある
ここで言う熱は発熱ではなく、部分的に集中した熱や体内の余分な熱です。
顔はほてって熱い時、赤くなります。

スキンケアを見直しても、くすみや上記の肌色が気になるのなら体内からのサインです。
体の声に耳を傾けてみましょう。



バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】