シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
赤ら顔は<やりすぎ>が原因?
小さい頃から赤ら顔で...。

ある時から赤ら顔になってしまって、全然よくならない。

というご相談があります。 

小さい頃からの赤みは、遺伝性もありますので、例えば寒い所から暖かい所へ行くと、気温差でパッ〜っと赤くなったりと、自然に反応してしまいます。
お酒を飲んで赤くなってしまう方もいらっしゃいますよね。

特に顔の中でも、頬の高い部分や、鼻の周りが赤くなりやすいのは毛細血管が多いためです。

通常、トラブルのない健康な状態であれば、毛細血管を流れる血液の赤色が皮膚から透けて見えることはありません。

もともと、皮膚が薄い方は皮膚に厚みを持たせることはできないため、赤味はカバーする方法でしか対処できません。

これとは違って、ある一時を境に赤ら顔になる場合にはいろいろあるのですが、
1.高いエネルギー出力レーザーによって起こるもの
2.擦り洗い、スクラブ洗顔等 皮膚摩擦によるもの
3.ピーリングなどの過度のケア

その他、脂漏性湿疹によって赤ら顔になっているケースもあります。(これについては、過去バックナンバーでお知らせしていますので、ここでは上記の1〜3についてお話します。)

1は、レーザー治療によって赤みを消すというような施術で出力が高すぎて細胞にダメージを与えて、余計に赤みが増すということもあるようです。これには気をつけたいですね。

2は、いつもシャレコでご案内している「間違った洗顔方法」が原因です。

3は、最初は皮膚のごわごわやくすみを取りたくて始めたピーリングから赤ら顔が始まります
最初はつるつる肌になり、まるで「赤ちゃん肌」になるので、頻度を多く行ってしまいがちなのですが、表皮のコンディションに大打撃を与えてしまいます。

すると、皮膚が薄くなって毛細血管が浮き出たようになってしまうのです。

他、医師から指導があった通り以外の、塗り薬のつけすぎから来る赤味もあります。

もちろん、乾燥が極度に進んでも赤みは出ます。

前回、赤いブツブツのご相談は想像を超える件数がありましたが、いずれも洗いすぎ、またはアイテムの使い方の間違いにより、インナードライを加速させて起こっているケースばかりでした。

これと一緒で、恐らく赤味にお悩みの方も多いのかと思います。

皮膚の赤みに輪郭がなく、ぼんやりと赤色が浮いている場合、何をしても良くならないという状況の場合には、一つ一つお手入れチェックをし、効果的なスキンケアをご紹介しています。

もし、身近にお困りの方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。

上記のような原因で起こっている赤味をそのままにしておくと、いずれシミとなって浮き出てしまうので、できるだけ早めにケアをすると良いと思っています。

件名に「ある時から赤ら顔」と入力の上、お名前、年齢、赤味のある部分とその範囲のサイズ、痛み・熱っぽくないか、今まで使っていた化粧品を教えてください。

support@shareco.co.jp

ご連絡、お待ちしております。

【2012年6月5日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

中医学では顔の色も診断材料となります。
「赤」からは火を連想するように熱がある状態がわかります。皮膚が赤くなる場合、多くは炎症を起こしています。
その他にも例えば、便秘の時「う〜ん!」と力いっぱい息むと顔が赤くなります。ここから高血圧の人に赤ら顔が多いことが納得できます。

貧血で倒れた人の顔を見ると真っ白です。そう血が不足すると顔色は白っぽく(病的な白)なります。
また気血の巡りが悪いと下半身は冷えるのに顔がほてる、いわゆる冷えのぼせが起こり顔全体が赤くなります。

体表には目に見えないバリアで覆われており、あらゆる邪気(暑さ、寒さ、ほこり、紫外線など)から守られています。
このバリア機能が弱いと、気温差やちょっと風にあたったり、日差しを受けただけで赤味が生じます。
それだけではありません。かぶれを起こしやすく、ひどい時は自分の汗にかぶれることがあります。
いわゆる敏感肌はバリアが完全ではないため、あらゆることがお肌の刺激となります。
特にスキンケアには注意が必要です。
中には自分のお肌が敏感なことに気がついていない方もたくさんいます。
もし、すぐに皮膚が赤くならなくても次の症状に心あたりがあるのならバリア機能は完全ではありません。
何かのきっかけで超敏感肌になる恐れがあります。
・汗をかきやすい
・風邪をひきやすく長引きやすい
・食後、夕方眠くなる
・風にあたると人より寒さを感じる

発汗のし過ぎや疲労、睡眠不足、偏った食事は気の不足を招きます。
「りんごほっぺ」と言われるように顔全体ではなく頬のみ赤くなってしまう場合は、体からのあるサインかもしれません。
・チーク入れているかのように頬が赤い
・夜になると手足の裏がほてる
・ゴクゴク飲みたいわけではないが咽がよく渇く
・静電気をバチバチ感じやすい
・皮膚や髪の毛が乾燥している 

これらの症状にいくつか当てはまるなら血液を含む体内必要水分が不足しています。
その特徴的症状が「五心煩熱」(ごしんはんねつ)と言い、手足の平と心臓がある位置(胸と背中)の五ヶ所に芯から沸いてくるような熱さを感じます。この時、必ずと言っていいほどチークを入れる位置も赤くなります。

さらに冷えが進行すると起こりやすい症状のひとつでもあります。

その他、鼻だけがガサガサと赤くなるのは「酒さ鼻」といいお酒の飲みすぎによるものです。

いずれにしても皮膚が赤くなっているときは皮膚に刺激を与えてはいけません。辛い食物も控えましょう。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】