シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
赤いブツブツができたら…
春先は、どうしても赤いブツブツしたものや白くポツポツとしたものが出やすいです。

これは、冬の間に角質肥厚が起こりやすく、代謝がよくなるこの季節になると、出られない皮脂で皮膚が膨らんで盛り上がり汗で皮膚刺激を受けて肌が敏感に反応する状態になるからです。

これが赤いブツブツだったりします。

赤いブツブツが出てくると、何か肌に合わなくなってしまったの かしら?と心配になりがちですが、これはある意味、肌の自然な働きでもありますので、慌てないことが大切です。

このような現象が出たら・・・下記をチェックしてみてください。

(1)洗顔がずっと素洗いだったか?
(2)暖かくなったからと化粧水のつける回数を少し減らしたりしなかったか?
(3)保湿クリームの量が冬のままの分量でないか?


まず、この3点を確認し、
(1)の場合、少し皮脂分泌が増えているのに素洗いだと化粧水が入りににくくなって出ることがあります。

洗顔フォームを週に1.2回入れて様子を見ると、このブツブツがなくなります。
(2)の場合、気持ち1.2回ローションを多めにつけます
※保湿効果の高いしっとりタイプのローションを使っている場合には、つける回数を多くすると逆効果なのでご相談ください。

(3)保湿クリームよりも肌は水分を欲しがっていると思われます。保水性の高い(肌に浸透する)化粧水をしっかりつけて、油分の少ない保湿剤を使って皮脂の分泌をうまく調整してください。

上記以外に、花粉や黄砂などの影響で赤いブツブツになることもあります。

また、よくあるのが、春になるとシャンプーを新しいブランドに変えてみて、シャンプーが付着する箇所にブツブツができることもよくあります。(新製品発売時期でもあるんですね。)

さらに、最近はこめかみ部分にこの赤いブツブツなどが出るケースが多いです。

顔の中心は化粧水をしっかりつけますが、こめかみにまで丁寧につけていなかったという方によく起こっています。

どうぞお気をつけてください。

また、シャレコのアイテムをお使いで、最近になってブツブツが出てしまい心配!!という場合には、対処方法をご案内しますので、下記まですぐにご相談ください。

件名に「ブツブツの対処法」、お名前、年齢、どこにどんな感じのブツブツがいくつくらい、痒み・痛みはないかを入力の上、下記までご連絡ください。

support@shareco.co.jp

【2012年5月15日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

季節と体は密接に関係しており、春の季節と関係の深い臓器は肝臓です。そして肝臓は樹木の「木」に例えられます。
春になると新芽が出て枝はぐんぐん伸び、生長の季節です。
冬の間、活動が穏やかだった体内も春の訪れと共に活動が活発になります。
この時期は吹出物などデキモノができやすく「春は芽吹く時期だから…」と表現することもあります。

肝臓のはたらきのひとつに気(目に見えないエネルギー)のコントロールがあります。このコントロールがうまくいかなかくなると、血を含む体内の液体の流れが悪くなります。
体内の液体がスムーズに流れず渋滞し、皮膚にとび出したすことによりブツブツはできます。

この時、体内に余分な熱が生じていると赤いブツブツができます。
それに対し白いブツブツは体内に余分な水分が停滞することにより冷えているとことがわかります。

また、お肌は新しい細胞ができ地層のように細胞が変化しながら角質(アカ)となり剥がれ落ちることを繰り返します。
この一連の作業をコントロールしているのも気です。気が不足しているとお肌の新陳代謝は緩慢となり、気が亢進(オーバーヒート)していると、新陳代謝の異常が起こります。
そして細胞が育ちきらないうちに剥がれ落ちてしまう敏感肌になってしまうのです。こんな時は炎症を起こしており赤いブツブツができます。

「春一番」という言葉があるようにあらゆる形で風の影響を受けます。風が運んできた邪気(紫外線やほこり、花粉、黄砂など)の影響を受けた場合、異物を排出しようとブツブツができます。

雨は一定時間振り続けますが、風は吹いたりやんだりする特徴があります。春に現れる症状には突然あらわれ、いつの間にか消えることが多いのです。そして決まった場所ではなく、あちこちにブツブツができます。
もしブツブツができてしまっても、そのうち自然と消えることも多いので慌てて化粧品を変えたり、薬をつけたりせずにまずは様子をみることをおすすめします。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】