シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
皮膚は内臓の鏡だけではない!!
内臓が調子悪いと皮膚にいろいろな変化が起こると言われています。

◆肝臓
栄養を貯えて、体の要求に応じて必要な栄養分を体に与えます。

また、体内で出来る有害物質、体外から取り入れてしまった有害なものを無害なものにしていきます。

肝臓に負担がかかったり、機能不調に陥ると、血液中にも影響を及ぼすため、皮膚に赤味が出たり、ハタケのようにザラザラと荒れたりすることがあります。

◆腎臓
体の中の老廃物を排泄するための機能であり、機能不調に陥ると、皮膚がむくんだり、皮膚表面の光沢が失われたり、くすみが出てしまいます。

◆胃腸
機能不調に陥ると、充分に栄養を届けたり、吸収することができなくなるため、バランスを崩してしまいます。

また、消化液胃酸の分泌がうまくいかなくなると、脂性になりやすくなり、便秘などが続くと、便の中の有害物質が吸収されてニキビや吹き出物になると言われています。

人間誰しもストレスを感じて生きているワケで、それは解消しようと思ってもなかなか出来きれるものではないのでは?とよく聞かれます。

実は、こう感じていらっしゃる方に内臓のトラブルを抱えてしまう傾向が強いというデータがあります。

ストレスはなくならないものと決めつけている心の状態が実はかなりなストレスでもあるわけです。

よく「禁煙はなかなかできない」と言う人がいるけど、「できない」と思考がそうなっているから、そこをつかんでいる限り絶対に禁煙できるわけないのだ!!とおっしゃる先生がいます。

要は、思ったとおりになっているだけなんですね。ストレスもそうで、ストレスなんかなくなるワケないと言えば、それはそのままなくならない現状が続くということなのです。

これまでスキンケアカウンセリングの中で、このようなお話になると、「そう思っているのが、ただそのままズバリ実現しているだけですよ。その気持ちをふっと<ストレスを感じない私>に切り替えることが大切ですね。」とご案内します。

すると、その切り替えができた方は、不思議なほど肌の状態がよくなっていけるのです。

この話はすべてに通じます。

ニキビがなかなかよくならない、何かよくなる化粧品はないか?と探すのですが、もうこの時点で、「なかなかよくならない」と思考に植え付けてしまっているので、化粧品を変えても当然「なかなかよくならない」となってしまうのです。

そう、皮膚は内臓の鏡でもあるのですが、【心の鏡】でもあるということなのでしょうね。

日々こういった劇的な変化のサポートをさせて頂いているとこのことを一人でも多くの方に知って頂きたいと願います。

そして、毎日が幸せを感じて一日を過ごせるようになって頂ければ幸せだと感じます。

先日、ポジティブ心理の第一人者でシャレコの「魅力肌にきっとなるブック」でもコラムを書いてくださっている晴香葉子先生が、こんな一冊を出されました。

ぜひ、この記事を読まれて、何かピンと来られた方はどうぞ下記の本をお読みになってみてください。

↓↓↓

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学

晴香先生の出版パーティーの模様はこちら

【2012年2月29日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

「心身一如」とは、精神と肉体は一体であるという意味です。
中医学では常に精神と肉体をペアで考えます。

西洋医学でいう心臓は血液を全身に送るポンプのようなはたらきを持つと考え、精神は脳が司ると考えます。
しかし中医学では、西洋医学同様血液を全身に送るはたらきの他に心臓は精神を司ると考えます。

心臓のはたらきが低下したり、亢進してしまうと精神に影響をきたしてしまうのです。
精神病や不眠には、心臓のはたらきをコントロールする治療が行われます。

そして万物を陰と陽にあらわすことができるとする陰陽論があり、「心部於表」…心臓は「陽」にあたり「身体の一番外側」つまり皮膚と深い関係があると考えます。
また「諸痛痒瘡、皆属於心」…痛みや痒みなど皮膚の炎症は心臓と関係があると古代から現在に至るまで伝えられてきました。

心臓は「陽」であることから皮膚の炎症(炎=熱)は、心臓の余分な熱の影響が原因になります。
「心臓と関係がある」というのは「精神」を含み、皮膚は精神状態の影響を非常に受けやすいのです。

ちなみに各臓器には関係の深い感情があり、よくも悪くも影響し合います。
心臓は「喜ぶ」と感情と関係があります。喜ぶことはよいことだと思いますが、喜び過ぎると気がちがう(精神病になる)ととらえます。例えば子供が日中はしゃぎ過ぎると夜になり興奮して夜鳴きをするといった具合です。

肝臓は「怒り」肝臓は血液をコントロールしています。子宮に血液が集まり流れが悪く生理前にイライラしがちになるのです。
脾臓は「思う」思い悩むと胃が痛くなるのはこんなところに理由があります。
肺は「悲しみ」悲しみ過ぎると肺を痛め、肺が弱い方は秋になると訳もなくもの悲しくなります。
腎臓は「恐れ」おばけや暗いところが大嫌いな恐がりさんは腎のはたらきが弱い傾向にあります。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】