シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
セラミドを与えれば化粧水はいらない?
「肌にセラミドを与えれば、化粧水をつけなくても大丈夫って聞いたのですが、そのほうがお手入れのステップもラクで便利なのでやっていいでしょうか?」

というようなご質問を時々頂きます。

この元となる理論としては...

人体の約6割ほどは水でできており、この水分をまもるために働くのがセラミドです。

セラミドは、細胞同士をつなぎ、細胞の隙間から水分が蒸散していくのを防ぐ役割を果たす成分と言われています。

肌の内部で一定の水分をキープできれば、肌は乾燥しないのですが、年齢を重ねるごと、生活環境の多様化などにより体内のセラミド量は年々減ってしまいます。

それを補うためセラミドが配合された保湿コスメをプラスするとよいという発想です。

これは正しいと考えており、そのためシャレコでは、エッセンスに含まれるセラミド(=セレブロシド)を有効的に活用していただくための提案として、ローションよりも先にお使いいただくようにご案内させていただいています。

シャレコエッセンス 勘違いしてはいけないのが、セラミドさえ与えれば水分は与えなくても大丈夫だと思ってしまう点です。

年齢と共に、肌は水分を生む力も弱くなります。

ということは、水分はやはり必要になりますよね。

また、「化粧水をつけすぎると水分が蒸発してしまい、余計乾燥する」とコスメカウンターの美容部員の方に言われたというお話を耳にします。

実は、このつけすぎで水分が蒸発してしまうケースでは、化粧水に含まれるエタノールの配合量などが関連するのではないかと考えられています。
エタノールの配合が多い化粧品はつければ、つけるほど蒸散しやすくなるものも中にはあるからです。

また、保湿力が高い成分を高配合した化粧水を重ねづけすると、今度は栄養過多状態で荒れてしまう場合もあるのです。

要は成分バランスが大切ということなのですね。

シャレコの化粧水で、お肌の柔和さをご実感いただけている場合は、その意味がよくおわかりいただけていらっしゃると思います。

そして、もし化粧水をまったくつけなくなったり、回数を極端に減らすと、途端に肌がゴワゴワしたり、白いプツプツした小さいニキビが多発したりすることで、やはり化粧水の大切な役目をご理解いただけることと思います。

もし、あなたも今お使いのアイテムを加減してみようかなーと思うことがありましたら、自己判断をせずに、ぜひ一度ご相談なさってみてください。

support@shareco.co.jp

きっとそのほうが安心できると思います。

【2010年12月13日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

中医学的にいうキレイなお肌とは「気血水のバランスがよい」お肌のことを言います。
化粧水は「水」に対し、セラミドは気(目に見えないエネルギー)にあたります。
セラミドが水分の蒸発を防ぐように気もお肌の乾燥を防いでいるからです。

気には防御作用があり、あらゆる邪気(紫外線、熱、乾燥、ほこり、花粉など)から皮膚を守っています。
また体内の水分をすみずみまで運び、固摂作用といい毛穴を引き締めるはたらきもあります。

気が不足すると邪気を受けやすく、体内の水分がお肌まで届かず、しかも毛穴が開きっぱなしなので水分がどんどん蒸発してしまうのです。

とくにこれらの気は皮膚と関係の深い肺が制御しています。
肺は飲食物から得た水分をタンクに蓄えシャワーのように全身に水分を送ります。ところが肺が乾燥してしまうとタンクの水分が少ないため肌を潤すことができません。
また肺に熱がある場合、タンクの水が蒸発してしまうため不足してしまいます。
このような時、焼け石に水という言葉があるように外側から化粧水をたっぷり与えても肺の熱が皮膚に伝わりすぐに乾燥してしまうのです。

肺が乾燥しやすい方はかぜをひきやすく、熱の出るカゼではなく咳のカゼが多いです。
肺に熱がこもると咳が出やすくなり、また咳込むと熱くなることからも肺に熱を生みます。

秋や冬は空気だけでなく肺やお肌も乾燥します。
肺が弱い(呼吸器系が弱い)と感じるなら肺を潤す果物(梨、柿、枇杷)やはちみつがおすすめです。またこれらの皮を乾燥させて保存しておくと咳止めにもなります。

毛穴を引き締めるはたらきのある気を補うも補いましょう。穀類や豆類、芋類も適度に摂るとよいです。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】