シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
3つの冷えタイプと肌くすみ
どうも「冷え」のお話は、本当に最大のテーマなのか、
皆さんからの反響を頂いております。


最近は肌の調子がすごく良くて、乾燥してるなーって思うこともありません。すごいことです!
額のブツブツも最近は全く気にならない状態です。

(中略)

あと、先日の冷えと乾燥肌の関係のシャレコレターを読んで、ほんと冷えって私にとって永遠のテーマだなって思いました。
冷たいものを飲まない、体を冷やさないように心がけていますが、なかなか改善されません。。
一筋縄ではいきませんね。。。

私も前に桜香さんに、青竹踏みを仕事中にやったほうがいいと言われて実践して1年くらいになります。刺激を与えるのと与えないのではやっぱり違うのかなって思います。

今なるべく半身浴、マッサージ、腹巻(笑)をして体温を上げようと頑張っています!平熱が35.6度の私にとってはそう簡単なことではないのですが、、体温をあげれば冷えも改善されるのかなあと...ほんと冷えたからだを温めるのは大変ですね。。


という情報を頂きました。

冷え性になるとアレコレと対策をうつものの、なかなか成果が出ないといわれている中、青竹踏みで違いが出るのはすごいことだと思います。

そんな「冷え性」の原因が3つあるようなのです。


・自立神経失調タイプ
交感神経、副交感神経のバランスが崩れてしまっているために、血液の流れが悪く、末梢まで血液が届いていない可能性があります。不規則な生活、食生活の乱れから、引き起こされることが多いようです。


・貧血タイプ
鉄分は、吸収率が悪いために不足しがちな栄養素。
とくに女性の場合は月経があり、さらにダイエットや偏食等で、ただでさえ貧血になりやすいといわれます。


・ホルモン乱れタイプ
周期的にホルモンの変動を繰り返している女性は、冷え性になりやすく、とくにホルモン分泌が乱れる更年期、妊娠期には、症状が強くなります。

この時期には、肉体的にも精神的にも、さまざまな変化が表れます。最近は思春期の若い方にも表れるようです。
ストレスが原因で、ホルモンバランスが乱れることも多くあります。

に分かれます。

ここでチェックしてみてください。

1.疲れやすい、疲れがとれずいつもダルイ
2.つまらないことでイライラする
3.寝つきが悪い
4.激しい動悸が起こることがある
5.頭痛が起きる
6.肩こりに悩まされている
7.朝起きるのがつらい
8.胃腸が弱い、下痢、便秘気味である
9.寝不足でもないのに目の下のクマがとれない
10.長時間立っていて立ちくらみを起こすことがある
11.顔色が悪いとよく言われる
12.爪が白っぽい
13.食べ物の好き嫌いが多い
14.肌がカサカサしていて荒れやすい
15.ダイエットをしている
16.耳鳴りがすることがある
17.手足、腰が冷えてるのに顔がほてる
18.最近、汗をかきやすくなった
19.憂うつになることがある
20.トイレが近くなった
21.月経が不順
22.年齢は30〜55才


さぁ、どれに〇がつきましたか?

1〜8が多い場合⇒自立神経失調タイプ
9〜16 が多い場合⇒貧血タイプ
17〜22 が多い場合⇒ホルモン乱れタイプ

となります。多いものが重なった場合は、複合的に冷えとなっているようです。

この分析方法は、シャレコで「栄養セミナー」を開催した際ご協力下さった株式会社キュア(オーダーメイドサプリメント)さんから教えていただいたものです。

こういったタイプを知ることで、対処方法が間違っていないかどうか判断しやすくなると思います。

冷えが進むと、お顔がくすんで定着することがあります。

単純に考えると、代謝や血流が悪くなり、肌まで栄養が届きにくくなるからと考えられているのですが、自立神経と関連ある冷えの場合、慢性のインナードライ状態が続くことが予想されます。

それがなかなか肌の透明感につながらない原因であったりもするのです。

顔のくすみだけにフォーカスして、透明感アップのために皮膚のターンオーバーを速めるケアをしすぎてしまうと、さらに肌荒れが原因のシミやくすみになってしまうかも知れません。

肌と身体とはとても深い結びつきがありますので、根本の原因にフォーカスして対処していくことがトラブル解消への近道でもあると考えます。

前回お知らせしたクリームパックでお肌の調子がよくなったというお声もたくさん頂いております。

どうぞ、まだお試していない場合にはぜひトライしてみてください。

【2010年11月26日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

私は18℃強風の冷房に3年間直撃し続け極度の冷え症となりました。そして体温調節の効かない、いわゆる自律神経失調症に。1年中手足は冷たく黒っぽい色をしていました。しかし、中医学に出会ったおかげで普通の生還することができたのです。

中医学の考え方には崩れたバランスを整えるという特徴があります。株式会社キュアさまのチェックリストをもとに「気血水」にスポットを当ててみましょう。

気が不足している冷え(1,7,8,15,18,20,21)
気(目に見えないエネルギー)のはたらきのひとつに「体を温めたい温を維持する」があります。
ダイエットの影響もあり、女性の多くは気が不足しています。
1疲れやすくてダルイ、7朝起きるのがつらい、8胃腸が弱く下痢・便秘気味はまさに気が不足しているサインです。

血が不足している冷え(3,4,5,10,11,12,14,15,16,17,18,21)

血は全身に栄養を与えるはたらきがあり、内臓は血を得て正常にはたらくことができます。
体温を生み出し維持する脾臓(胃腸に似たはたらきを持つ臓器)と腎臓は血が不足すると熱を生み維持することができません。

全ての万物は陰と陽に分けることができるという考え方があり、陰が極まれば陽となり、陽が極まれば陰となる。
すなわち極度の冷えは熱を生むと言われています。
特に血が不足し冷えが進むと冷えるにもかかわらず、上半身がほてるといった症状が起こります。

体内に余分な水分が滞っている冷え(8,20)
プールや海に長時間入っていると体が冷えてくるように、体内に余分な水が滞っていると外から温めてもなかなか温まりません。
脾臓は湿気に弱く体温を生むはたらきも持つため悪循環に。
胃腸を健康にしながら体内の余分な水分を排出していくことが必要です。

また、2つまらないことでイライラする、19憂鬱になることがあるは気の滞りのサインです。気が滞ると血や水の流れも滞ります。

たくさん当てはまる項目があっても不足している気や血を補い、流れをよくすることで全体のバランスが取れます。
するといつ間にかたくさんあった体調不良の数もぐっと減り冷えが和らぎます。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】