シャレコレターバックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
手首の力を抜く
前回の「ミストで保水する方法はどうなの?」のお話を読まれて、下記のようなコメントも頂戴しました。ありがとうございます。

「私の腰痛を治して下さった、均整院の先生は「手当」が一番と仰っていました。筋肉を力一杯もみほぐしたり、先生が感じられる悪い部分に軽く手を充てて下さるだけでポカポカあったかくなり、血行がよくなるというものでした。」

と、さまざまな分野でも「手当」の良さを伝えられているようですね。

その最大のパワーを持つ「手」により、逆に肌の乾燥や皮膚のめくれを生じさせてしまうケースがあります。

それはクレンジングの時の指の動きです。

「手首の力を抜く」ことがとても重要です。

手首に自然と力が入っているだけで、どういうわけか指先にも力が入ってしまうのです。

長年のスキンケアレッスンで学んだことなのですが、油浮きがひどい人は、クレンジングを必死でなじませる傾向があることを知りました。

さらに、指の動きが「肌を万遍なくなでて、とてもカッコいい」のです。しかし、肌をなでることで毎日微妙な刺激を与え続け、皮膚のバリアゾーンに少しずつダメージを与え、赤ら顔になったり、皮脂がどんどん出続けてしまい、角栓がにょきにょき出てくる肌に肌になってしまいます。

手首の力を抜いてクレンジングをしようとすると、手のひら全体に力が入らなくなるので、手が丸く毬を持つような形になります。

この丸く毬を持つような形だとペタペタと手を肌に置いて離して、置いて離してとしかできないと思うのです。

クレンジング剤を肌に乗せたとき、実はクリームタイプのものは時間経過(十数秒という短い時間で)とともに、自然乳化するように勝手になじむ特性もありますからクルクル動かしたり、なで回わさなくてもいいのです。

皮膚にめくれが生じている人が、クルクル動かしてなじませてしまうと、めくれた隙間にメイク剤の顔料が入り込んで取りにくくなってしまうこともあります。

ということからも、「手首の力を抜く」クレンジング方法をぜひ意識して行ってみてください。

一度試していただくとわかると思いますが、今までどれだけ圧をかけてクレンジングしてきたかがお分かり頂けると思います。

そして実践後には、きっとお肌の感触に何かの変化が見られると思います。

お肌のことで気になることがありましたら、いつでもご相談ください。【無料】

support@shareco.co.jp

【2010年11月 1日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

お腹が痛い時、無意識のうちにお腹に手を当てると思います。まさに「手当」ですね。
お腹が痛い時、手をそっと当てるかさする程度でマッサージはしないはず。(便秘の腹痛は別です)それでも痛みは和らぎます。

痛みが和らぐのは手のぬくもりだけではありません。
中国の古代から「通じざれば痛まず」と言われています。気(目に見えないエネルギー)や血、水が滞ると痛みが生じこの滞りをスムーズに流すのは気のはたらきによるものです。

痛みだけでなく、美しいお肌は気血水がスムーズに流れていることがポイントです。

気は目では見ることができませんが、感じることならできます。
特に手の平が感じやすいことから、無意識に手を当てるわけです。


顔の前で両手の平をよくこすり合わせ拝むようにします。手の平の間を1cmくらい離してみて下さい。ジワ〜、ジンジン、ボワ〜と何か感じませんか?これが気です。

手には美顔器具に負けないパワーがあります。
マッサージをしたり、強く肌をこすっては気を感じることはできません。

洗顔、化粧水やクリームをつける時は手の平からお肌に気を送るイメージをしてみて下さい。
すると手の余分な力が抜けお肌を傷めることがないだけでなく、気の流れがよくなることでお肌の新陳代謝もアップにつながります。

目が疲れている時も目の周りをマッサージするよりも手を当てることをおすすめします。

両手をこすり手を温め、そのぬくもりを目に伝えるようにそっと瞼に手を当てます。すると、じんわり感じると共に疲れが抜けていきます。

目のまわりの皮膚は薄く強い刺激は、シミやシワの原因につながりますが、この方法ならお肌を傷つけることなく安心です。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール








Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】