シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
秋のお手入れ7ケ条

夏の間は、肌の乾燥があまり気にならないのですが、実は肌が「硬くゴワつく」「水分不足」の状態がひそかに続いていて、いつの間にか【インナードライ】になっていることが多いです。

それは、「皮脂の分泌が多くなる」「肌に水分をあまり補わなくても潤った感じがしている」「代謝がアップする」のが原因でした。

この夏のダメージに加えて、秋になるとさらに肌は・・・

1.皮脂の分泌量が減る
2.肌の内側の水分が逃げやすくなる
3.ハリが失われやすくなる
4.シミが濃く見えてくる
5.メイクのノリが悪くなる


と変化してしまいます。
こうならないために、「秋のお手入れ7ケ条」をあげてみます。

1.朝の素洗いを開始する

乾燥を感じる日の朝は、洗顔料を使わずに素洗いをする。

2.クレンジングをペタペタとなじませてメイクを浮かす

このペタペタが重要です。なでる動作で皮膚の微妙なめくれが生じて乾燥してしまうからです。メイクの顔料を浮かせる気持ちです。

3.洗顔料を良く泡立てて、泡の空気を抜いてから洗う

泡がすぐにしぼむ洗顔料で洗ってしまうと皮膚をどうしても手でさする、擦る動作になり、刺激となってしまいます。
泡がなかなか崩れないのが、皮膚表面の汚れをくるみこむ上で大切なことです。

4.すすぎの回数は8〜10回以内にする

それ以上すすぐと、すすぎの水と一緒に肌の水分まで流れてしまうからです。泡切れが悪いときには、先に顔に乗っている泡を取り除いてからすすげば、8回以内ですすぎきれます。

5.アミノ酸やNMF成分を補う

肌の潤いを維持するために、シャレコエッセンスを小じわ部分、乾燥しやすい箇所に補います。

★アミノ酸やNMF成分入りのシャレコエッセンス

6.保水重視のスキンケアを行う

部分的なケアができましたら、ローションで保水をしっかり行います。夏に行っていた回数プラス2回を目安に増やしてみてください。

★付け方などは動画を参考くださいね。

7.細胞を活性化させる

ご存知のとおり、顔のくすみ対策に効果的なシャレコクリームは、肌のキメを整えるだけでなく、美白、細胞賦活作用もありますので、夏のダメージから早くリカバリーしてくれます。

★何と言っても肌改善にはシャレコクリームは欠かせません

肌のトラブルや肌質によっては、このステップをアレンジしたほうがいい場合もありますが、この基本ラインさえできれば夏のダメージが残って後々苦労するということは防げます。

どうぞ参考にお手入れチェックしてみてください。

【2010年10月5日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

秋は空気が乾燥するだけでなく体内も乾燥しやすくなります。
秋と関係の深い臓器は「肺」です。
肺は飲食物から得た水分をシャワーのように全身に散布するはがらきがあります。

そして臓器の中で唯一外界と直接つながっており乾燥に弱い特徴を持っています。
呼吸をすると一瞬のうちに肺に空気が入ってきます。乾燥した空気を一瞬にして肺に取り込んでしまうのです。
すると肺が乾燥するため全身に散布する水が不足します。

お肌は身体の一番外側に位置し体内の水分が不足すると真っ先に影響します。
正しく化粧水をたっぷり与えクリームで蓋をしているのにお肌が乾燥するのなら肺が乾燥していることが考えられます。

お肌を乾燥させるのは空気だけではありません。夏の間、発汗により体内必要水分が不足しがちに。
さらに汗と一緒に気(目に見えないエネルギー)が流出します。
気には次のようなはたらきがあります。

○防御作用
目に見えないバリアによりお肌を乾燥から守る。

○固摂作用(引き締めるはたらき)
気が不足すると、毛穴が開きっぱなしになるため汗をかきやすく空気の乾燥の影響も受けやすくなる。

○あるべきものをあるべき位置にキープする
気が不足すると胃下垂、子宮下垂など内臓下垂の他に頬やまぶたといったお肌のたるみにつながる。

○推し動かし変化するはたらき
血を含む体内の液体は気のはたらきにより全身を巡っている。新しい細胞が生まれ老化角質がはがれ落ちるお肌の新陳代謝も気のはたらきによるもの。
気が不足するとお肌の新陳代謝は低下し老化角質が停滞し、お肌にざらつきを感じるようになる。またメラニン色素も停滞しやすくなるためシミが濃く見える。
まずは気の流出を防ぎ気を補うことが秋の養生のポイントに。

・汗をかき過ぎない
激しい運動や半身浴などで必要以上に汗をかかないこと。
少し動いただけでも汗をかきやすく一度汗が出るとなかなかひかない場合は酸っぱい食物や渋みのある食物を摂り毛穴を引き締めましょう。

・気を消耗しない
発汗以外に疲労や気苦労は気を消耗します。

・気を補う
気を補う消化のよいものをよく噛んで腹八分目頂きます。休日に寝だめをするのではなく、できるだけ早く就寝しましょう。

キレイなお肌に必要なことは、バランスのよい「気血水」です。気だけが十分にあっても水が不足していればお肌は乾燥し血を造ることができません。また血は肌肉を養う、言いかえるなら肌細胞を生み出します。

体内必要水分が蒸発しないように気を補い、体内必要水分と気によって血も満たしていくことが大切です。。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】