シャレコレターバックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー
慢性の日焼け?
夏、真っ盛り。連日気温が38度を超えたとニュースで流れるたびに、「あー、今日も暑くなりそう!!紫外線カット、カット。」とお経のように唱えては、UVプロテクトをせっせと塗っています。

さて、今日のお話ですが、「慢性の日焼け?」についてです。

紫外線を浴びた皮膚は、急性の変化を起こす場合と慢性の反応を起こす場合とがあります。
たいてい、急な反応だと予防ケアやアフターケアをバッチリするので、あまり大きなトラブルになることはありません。

しかし、慢性的な紫外線の影響を受けるのが、屋外でずっと仕事をされたり、外出時間が長い場合です。

紫外線にずっと当たり続けると、いくらUVカット剤をつけていても微妙に焼けているのが蓄積していき、見た目の色が少しずつ黒くなっていきます。

そして、皮膚はゴワゴワした感じになり、知らないうちに小じわを発見してしまうこともあります。

特に紫外線を浴びやすい「うなじ」の部分には特徴的なひし形のシワが出来てしまうケースもあります。

若いうちに焼くと、皮膚の老化が早まると言われていますよね。

このような変化は「光老化」と呼ばれています。最近、この「光老化」を起こす紫外線は「UVB」よりも、真皮深くまで到達してしまう「UVA」のほうが危険性を無視できないと言われているのです。
具体的には、皮膚の色が黄ばんだり、しみが浮いてきたり、つい最近まで細かいシワだったのが、しわがつながってしまい、太くて深いしわになり始めます。

また、皮膚のつやがなくなり、かさかさと乾燥してきます。

特にこの光老化の影響を受けやすいのが、「色白で、日焼けしても赤くなってさめたら色が黒くならない」というタイプの人に多く発生します。

「肌が白いからすぐ赤みも取れるし、色がつかないから安心」としていられないということなんですね。

そこで、この光老化から肌を守るために、UVB・UVA波を防げる紫外線予防剤(SPF20〜25:PA++以上)をつけて、さらに日傘・帽子・サングラスなどで日光に当たらないように気をつけなくてはなりません。

と言っている自分は、タイプ的に光老化になりにくいからと油断していたので、昨年真っ黒に焼けたためか、しっかり光老化の現象のシミがいっぱい浮かんでしまって猛反省しています。

のはずなのに、また凝りもせず今年もテニスの大会で油断して鼻の頭だけ黒光り中です。試合後に鼻をゴシゴシしてしまったのにUVプロテクトをしっかりつけるのを忘れてしまったんです。。。

シミが出来てからでは遅いので、どうぞご注意くださいね。
次回は、光過敏についてご案内してみたいと思います!!

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。
追記:昨日のニュースで火山灰入り洗顔料で角膜に傷がつくので注意と消費者センターの発表があったとのこと。
センターの調査では、洗顔料に「シラス」などと表示されている火山灰は、水や石けん成分では溶けない細かい粒子で、目に入ると、涙やまばたきでは落ちにくいということです。

消費者センターではメーカーに対し、商品の改善を要望しているようですので、身近な人でお使いの方がいらしたら目に入らないように注意するように教えてあげてくださいね。

【2010年9月 1日】




シャレコレターバックナンバー
<西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

強い日差しに当たると真っ赤になるけれど黒くはならない方とすぐ真っ黒に日焼けしてしまう方がいます。
これは体内の水分量が関係しています。

アジの干物と生のアジを同時に焼いたらどちらが先に焼けるでしょうか?言うまでもなく干物ですよね。
人間も血液を含む液体が少ない人ほど黒く日焼けしやすいのです。

このような方はヤセ型が多く頬をつまんで引っ張ってもあまり伸びません。そして紫外線体策をしているにも関わらず日焼けしやすいのです。
朝晩、駅まで5〜10分程度歩くだけで夏の終わりには「海に行ったの?」と聞かれるくらいに黒く焼けてしまいます。

黒くならずに真っ赤になり時には水ぶくれができる方は、どちらかというと色白でぽっちゃりタイプが多く、頬をつつくとプニプニしており引っ張るとよく伸びます。
黒くはならないものの強い日差しによるヤケドで皮膚が炎症を起こします。

また皮膚を覆っている目に見えないバリアが弱いと両タイプ共に長時間、強い日差しに当たっていないのにヒリヒリします。
心当たりのある方はきっと汗をかきやすい、もしくは夏ばてしやすいのではないでしょうか?

子供は真っ黒に日焼けしても秋になるとすっかり元の肌色に戻りシミもできません。
そう新陳代謝がよくリカバリー力があるからです。

またあまり熱心に紫外線カットをしていないにもかかわらず、シミがほとんどない方がいます。

中医学ではシミは「お血」によるもの「血の滞り」と考えます。
シミができにくい方は、体内の気血水の巡りがよくお肌の新陳代謝がよいのです。

とかく夏は汗をたくさんかき、汗と一緒に気が流出するため夏の終わりになると気血水の全てが不足します。
そこでこまめに水分を摂ることも大切ですが、水分の多い夏野菜をたっぷり摂るようにしましょう。
水分だけ摂るよりも水分の多い食物を摂った方が消化しながら体内に吸収するため素通りすることなく体内を潤すことができるのです。

また夏野菜の多くは体内の余分な熱を冷ますはたらきがあります。余分な熱があると体内の液体が煮詰まるかのように濃縮してしまったり蒸発するかのように消耗してます。

気が不足するとバリア機能が弱まり、汗のかき過ぎ、新陳代謝が低下します。気を補う穀類、豆類、芋類、カボチャなどを摂るようにしましょう。

夏の定番、冷奴は消化がよくおすすめです。しかし豆腐は加熱しても体内の熱を冷ますはたらきがあるため、できれば常温、生姜や葱など温めるはたらきを持つ薬味を添えましょう。

国際中医師 西川のり子先生プロフィール


バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】