シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー

 

     お手入れ後に、すぐに肌がつっぱるのはどうして?

 

スキンケアでちゃんとお手入れしたのに、すぐに肌がつっぱる んです。


という相談が、この時期とても多くあります。


肌がつっぱる理由は・・・


水分が逃げてしまった!!」からだと考えられます。


えー、でも化粧水を何回もつけているし、肌がつっぱってきたらスプレー

で吹きかけて補っています。もちろんクリームで ちゃんとしてフタをして

いてもつっぱるんですよ!!


とのお返事が返ってきます。

 

            

保湿剤をいくら増やしても、肌の水分が逃げたお肌は 「つっぱる」という感覚になってしまいます。

 

ここで、チェックしなくてはいけない点がいくつかあります。

---------------------------------------------------------

  1.クレンジングのタイプ
  2.洗顔のお湯の温度
  3.肌に泡をのせている時間
  4.洗顔料のすすぎの回数
  5.化粧水の回数
  6.化粧水のタイプ

----------------------------------------------------------

この6つが間違っていると、肌がつっぱってしまうのです。


「魅力肌にきっとなる」ブックに細かい温度等書いてあるので、 ここでの

説明は省略しますが、そのとおりに実行していても

 

肌がつっぱってしまう場合には、


洗顔や洗髪の仕方、お手入れの仕方や順番、メイク品のタイプ、 周りの環境、内面の影響など、どこかに間違いが潜んでいます。


もし、身近な人が「肌がつっぱって困る」 ということがありましたら、ヒア

リングして原因をつかみ、 対処方法をお知らせいたしますので、ご希望あり

ましたら サポートまでご連絡ください。


support@shareco.co.jpまで。 件名に「シャレコレター、メルマガ乾燥

肌相談係」と お名前、年齢、肌の状況を詳しくお知らせください。

 

肌の乾燥やつっぱり感は、すべてのトラブルを引き寄せてしまいます。

 

健康でキレイなお肌の維持には乾燥は大敵ですので、どうぞ早めの 対処を

なさってくださいね。

 

肌の乾燥・つっぱり感対策はコチラ

乾燥肌、やってはいけないお手入れチェックはコチラ

 

---------------------------------------------------------------------

     

※魅力肌にきっとなるブックがお手元に届いていないシャレコメンバー さま

 (メンバーご登録をいただいている方限定となります)は、 下記あてご連絡

 ください。【無料】

   support@shareco.co.jp

 

件名:「魅力肌にきっとなるブック希望」
本文: 郵便番号、住所、会員ID、氏名(フルネーム) でメール送信 願います。

---------------------------------------------------------------------




シャレコレターバックナンバー

 

   <西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

 

正しいスキンケアを行っているにもかかわらず、つっぱり感が改善しないのなら、体内に目を向けてみましょう。

 

 肺は皮膚と関係が深く、お肌の乾燥を改善するには肺を無視することできません。

         

 

 飲食物から得た水分は口から食道を通り胃に入り、胃から肺へとポンプによって持ち上げられます。

 

肺は身体の上部に位置し、シャワーのように上から散布して全身を潤します。

 

 肺が正常にはたらいていないと、シャワーの水圧が弱く

チョロチョロとしか水が出ないため、身体の一番外側にある皮膚まで潤すことができません。

 

 また肺が乾燥していると、シャワータンクの水が干からびてしまい体内及び皮膚を潤すことはできません。

 

 体内に余分な熱がこもっている場合、体内の水分及び皮膚の水分が蒸発してしまうので、いくら化粧水でお肌を潤しても焼け石に水なのです。

 

 汗をかきやすく、一度汗をかくとなかなか汗がひかないという方は洗顔後につっぱり感を感じやすいはず。  

 

皮膚の表面は目に見えないバリアに覆われています。 汗かきの方はバリアや汗腺がゆるく、一度扉を開くとすぐに閉じることができません。

 

よって、お肌の水分を逃しやすく、保つことができないのです。  

 

肺の乾燥を防ぎ入浴や運動などで必要以上に汗をかかないようにすることで、つっぱり感を防ぐことができます。

 

また肺の気(目に見えないエネルギー)を補う穀類、豆類、イモ類などもしっかり摂りバリアを強化しましょう。

         

国際中医師 西川のり子先生プロフィール



バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】