シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー

 

  毛穴の黒ずみ 生薬入り化粧品だけ使っていれば大丈夫か?
 

春から夏にかけての高温多湿の環境で、肌の毛穴も開きっ放し状態
から、秋の間をかけてどんどん毛穴が閉じる状態になって来ました〜。
(ますます毛穴の黒ずみが気になってしまいませんか?)


秋は、皮膚の新陳代謝も盛んで一番上にある表皮が再生・脱落を くり返し、

夏に受けたダメージを修復する季節です。

 

この作業に必要なのが、“いつも以上の栄養” だということをご存じで

したか?

            

肌にとって良い食材を選び、きちんと料理して食べ、同時に“生薬を与える”

と効果的だと中医美容では言われて います。

 

毛穴を開けていた時期にたまってしまった汚れ(毛穴の黒ずみ)を、きちんと

取り 除いた状態で毛穴が閉じる季節を迎えられると、翌年の肌のコン ディ

ションはとても楽に過ごせるとのことです。

 

そこで今日は、生薬とその作用について簡単にお話しますね。

 

生薬とは天然の産物である動植物や鉱物をあまり手を加えずに、蓄えて
おき(乾燥したもの)薬用として使用するものを言います。

 

ちなみに漢方薬はこれら生薬の組み合わせで出来ている(処方として
成立したもの)ことをそう呼びます。

 

それでは、具体的にどんな生薬が肌の回復、再生の機能に役立つかを
ちょっとだけご案内しますね。

 

毛穴の黒ずみの原因となる皮膚の深部の汚いものを取る洗浄作用のある

ものとしての生薬は、 黄ごん(オウゴン)、紫根(シコン)、艾葉(ガイヨウ)

などがあります。

◆黄ごん(オウゴン)
消炎、抗アレルギー作用、フラボノイドなど

◆紫根(シコン)
創傷の治癒促進効果、抗菌、抗炎症作用、肉芽増殖促進作用など

◆艾葉(ガイヨウ)
消炎・血行促進、静菌作用など

 

具体的には、毛穴の黒ずみはもちろん、シミや日焼けの跡をきれいにして

いったり、むくみや 痒みなどの炎症があれば解毒・消炎も行います。

 

また、さらに皮膚に栄養を与えるものとしては、朝鮮人参、当帰(トウキ)、

地黄 (ジオウ)があります。

◆朝鮮人参
抗老化、抗酸化、細胞賦活作用、保湿・美白作用、ビタミン類など

◆当帰(トウキ) 
抗老化、保湿・美白作用、循環促進作用など

◆地黄(ジオウ)
保湿作用、皮膚細胞の活性化など

 

これらを上手に取り入れることによって、肌の生まれ変わりが効率よく
行われ、肌がみるみるきれいになるのがわかると言います。

 

生薬の入った化粧品をうまく使えれば、毛穴が閉じてしまう季節を
迎えたとしても、肌は適度に再生しいつでも潤いとハリ、弾力のある
状態でいられるという訳なのです。

           

それでは生薬が入っている化粧品を使っているから大丈夫か?というと、
そうではないのが難しい所です。

 

それは、生薬はただ入っていればよいというものではなく、また、
たくさん入っていると効果が高くなるというものでもない
ということを、
中医学の先生はいつもおっしゃいます。


生薬はおのおのの持つ効能の範囲のバランスがすごく重要だそうです。
このバランスがとれているものが、結果的には肌の改善につながっていく
とのことなのです。

 

そして、私と漢方の出会いは、漢方を取り扱う薬局で毎月、美容 カウン

セリングをさせて頂いたことが始まりでした。

 
その貴重な経験があってこそシャレコスキンケアも生まれ、そして多くの
肌トラブル改善に役に立てていることを、とても有難く思っています。

 

もし今までのスキンケアで生薬のものを 使った経験がなく、毛穴の黒ずみや

何らかの肌のトラブルに悩まされて いる場合は、ぜひ一度使ってみて下さい。

  
シャレコエッセンス オタネニンジンエキス(朝鮮人参)

    
シャレコクリーム  紫根(シコン)+当帰(トウキ)他


2千年以上の歴史の中ではぐくまれた天然の美容理論に根付いた生薬
成分と現代科学のテクノロジーによって実現したアイテムは、きっと
何か肌の変化を促してくれると思います。

 

 









Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】