シャレコレター バックナンバー
バックナンバー一覧へ

シャレコレターバックナンバー

 

        保水力があるから肌はイキイキする

 

「最近肌のハリがなくなってきた」とか、「たくさんクリーム、乳液、
美容液、オイルなどで保湿しでもカサつきが治まらず、何をやっても
追いつかない」ということはありませんか?


このような肌のコンディションの状況は、肌そのものの機能が低下して
いると起こってしまいます。


カサついたりハリがなくなってくると「何かをつければ治まるはず」と
思うのが当たり前。

 

でも、つけて治まる、ハリが出てくるのは、カサつきや弾力が失い
かけた早い時期にだけ効果的であって、時間が経ってしまったもの
には、肌の根本から鍛えるケアが必要
になってくるのです。

 

--------------------------------------
保水力アップのためにすること

--------------------------------------


保水力アップのケアのポイントは3つと、


1.肌の力を目覚めさせ、活性化させること
2.水を湧かせること
3.肌の貯水タンクを強化すること


1.肌の力を目覚めさせるには...

              

 
私たちの皮膚はちょっとしたストレス(睡眠不足、喫煙、精神的
疲労など)によって肌の細胞活性機能が低下してしまうことがあり
ます。 


冷え性で血液の流れが悪く、足がむくみやすかったり、肩こり が

ひどかったりすると、肌の調子も低迷してしまうことが しばしば

起こります。


血液の流れが悪くなったり、リンパの流れが悪くなると、肌の新陳
代謝も悪くなるので、体の中で作られ皮膚に行き渡るはずの"潤い"が
すみずみまで行かなくなってしまうのです。

             

保水力も減退してしまいます。


★そこで大切なのが、血行促進を高めるケアで肌に力をみなぎらせ

保水力をアップさせることです。


■水を湧かせること


肌の潤いを保つ成分は自分の体の中から生み出されています。
それは、真皮層という所で維持されています。

 
この真皮層が元気でないと肌の生まれ変わることも、水分をキープし、

潤いを 保つことも難しくなるのです。


真皮層の基盤がきちんと整えば、自然に水分を保持できる肌に なって

きます。


血行促進作用抗酸化作用のダブルケアで、肌の内側から潤いが
湧き上がる肌が出来てきます。

  
■肌タンクを強化すること

            

コラーゲンとヒアルロン酸、良く聞く言葉ですね。これらの成分は
肌のハリや弾力を支える上で欠かせないもの。


肌の真皮層に潤いを貯めるには、これらを補うことがコラーゲンの
合成を促進し、真皮再生のお手伝いをしてくれます。


そして、シャレコでは最も重要と考えて取り組んでいるのが「アミノ酸」。


お肌の水分を保つ天然のうるおい成分NMF(天然保湿因子)は、約40%が
「アミノ酸」からできている
からです。

 

NMFは、アミノ酸・40%、PCA-Na・12%、乳酸塩・12%、
尿素・7%、ヒアルロン酸・0.5〜1%、その他で構成されていると
言われています。


「小じわ」「カサつき」「粉ふき」「くすみ」「張りがない」「たるみ」
などの肌のトラブルは、NMF(アミノ酸)が不足し、乾燥することに
よって起こります
。お肌とアミノ酸は、きっても切れない深く大切な
関係があるんですよ。


コラーゲンとヒアルロン酸、そして「アミノ酸」成分の入った美容液
を日々のお手入れに加えて、潤い強化をしていきましょう。

 

保水力アップ化粧水





シャレコレターバックナンバー

     <西川のり子先生の中医学ベースの体内スキンケア>

 

 

「肌は内臓の鏡」という言葉をご存知ですか?

 

体内の状態は肌を通じて表れます。

 

お肌は、気(目に見えないエネルギー)・血液・体内必要水分と元気な内臓によって養われます。

 

赤ちゃんのお肌がスベスベで化粧品が必要ないのは、気血水のバランスがよく内臓が元気だからです。

 

体内必要水分や血液が不足すると、お肌は乾燥します。

 

お肌は土と同じように一度干上がってしまうとなかなか自力で潤すことができません。そこで化粧品の出番です。

 

しかし化粧水をたっぷり与えても、すぐにお肌が乾燥し潤わないということがあります。

 

それは体内が乾燥し「ザルに水を注ぐ」ようなものだからです。

また体内に余分な熱があると「焼け石に水」状態なので化粧水をいくらつけてもすぐに乾燥してしまいます。

 

キレイなお肌のカギを握る臓器は「」です。

 

             

下記に心あたりがあるなら肺の乾燥が考えられます。

 ・風邪でもないのに咳が出る、風邪をひきやすい

 ・便秘気味、もしくはコロコロ便

 ・のどや口、鼻が乾燥しやすい

 

空気が乾燥している時期は、意識して肺を潤す食べ物を摂り、マスクを

して肺の乾燥を防ぎましょう。

 

肺を潤す食べ物

小松菜、アスパラ、ゆり根、いちご、白きくらげ、

白ゴマ、松の実、はちみつ、豆乳など

              

 

また「辛いものを食べるとお肌がきれいなる」と思われがちですが、辛いものの摂り過ぎは体内に余分な熱を生み、肺そしてお肌を乾燥させます。肺が乾燥している時には控えましょう。

 

国際中医師 西川のり子先生プロフィール





バックナンバー一覧へ






Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】