乾燥肌の原因と予防法

乾燥肌の原因と予防法
乾燥肌の原因と予防法

あなたの乾燥肌は小さい頃から?それとも化粧をし出してから?

年々ひどくなるお肌の乾燥には・・・

かならず原因があります。その原因となっているものを改めてあなたも乾燥しない

思わず触りたくなるようなサラサラ、スベスベのお肌になってくださいね。


■乾燥肌の原因1
歳を重ねると皮脂の分泌量や水分が減ってしまうため、乾燥しやすくなります
●予防法
肌につけてしみる化粧水はムリにつけないようにしましょう。つけられるのでしたら、消炎作用成分配合のローションで優しく保護しながら水分アップしましょう!

つけてしみない細胞賦活作用のあるクリームを使うようにします。

クリームもしみてしまうときは、オーガニックオイル(マカデミア、ホホバ、スクワラン)など皮膚への刺激がほとんどなく、エモリエント効果に優れているものを使うと楽になりますよ。

紫外線予防のスキンケア(お手入れ)としては、日焼け止めクリームは使わずパウダーファンデーションにします。
(日焼け止めクリームを落とすのに時間がかかり、セラミドなどが流出しないようにするためですよ!)


■乾燥肌の原因2
オイルクレンジング・油性ジェル・ショートタイプ(ふき取り)クレンジングを使用している
●予防法
オイルクレンジング・ショートタイプ(ふき取り)・油性ジェルは強いメイクを落とすために使うものですので、落ちがよいからと普段のメイクを落とすのに毎日使っていると、乾燥肌になって肌が荒れてしまいます。

クレンジング料は、オイルクレンジング・油性ジェルタイプのクレンジングの使用をすぐにやめて皮膚の保護・再生ができる成分配合のクリームクレンジングを使うようにしましょう。


■乾燥肌の原因3
洗顔方法が間違っていると乾燥が進みます
●予防法
洗顔するときのお湯の温度は下記のようにします。
・ちょっとかさつくくらい…28〜30℃
・カサカサ、パサパサしている…26〜28℃
・ボロボロ、粉ふいている…24〜26℃
・ヒリヒリして風に当たっても痛い…水洗顔にする

Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指でこすっても大丈夫ですが、乾燥しやすい目元口のまわり、頬は洗顔料をよく泡立てて、指が肌に直接触れるのではなく泡でころがすように洗ってくださいね。

肌あれがひどい場合は、洗う時間を15秒、すすぎは20秒くらいと短時間で洗ってください。
すすぎの回数のできるだけ少なく済むように泡切れのよいウォッシングフォームで洗うようにしましょう!


あなたは、どこに原因がありましたか?
このとおりにちょっとお手入れやアイテムを変えるだけで、すぐにお肌の乾燥は落ち着いてきますよ




乾燥・敏感肌解消法TOPへ





Loading...


【無料冊子プレゼント】乾燥肌解消 小冊子


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】